« ネオパンF | トップページ | すずらんの木の紅葉 »

2008年11月 3日 (月)

柿が好き

Img_4731_w Camera : canon EOS 5D, Lens: EF24-105 F4L

秋も深まり、いよいよ本格的な柿のシーズンがやってきました。私は柿が大好物で、これから先、真冬まで柿が店先にある限り、飽きずに食べます。

ただ、私の好みはカリッとした硬い柿で、ネトッとした食感のものは苦手です。でもコレは本来の柿の性質に反したもので邪道な好みかもしれません。

柿には甘柿、不完全甘柿、不完全渋柿、渋柿の区別がありますが、完全な甘柿は東北の南部から南で栽培され、私が育った東北の北部にある甘柿は実際は不完全渋柿です。だから完熟して柔らかくなれば甘いものの、実が硬いうちは渋が残ります。

私は子供の頃から、山(本当は畑だったかも)で評判の甘柿をとっては食べ(今に思えば盗み喰いだったかも)るのが好きだったのですが、柿は甘くて美味しいものの、たいていはグチュグチュに熟したもので、食べると言うよりは吸い取るみたいな食べ方でした。

たまに、色よく色づいた硬い柿を見つけて喜んで食べると、「びぃぇー渋ー」という目に会うのがオチでした。

そのせいか、硬いのに甘い柿は永遠の憧れであり、夢であり、そのような柿を見つけては喜んで食べることになったのかも知れません。

ちなみに写真の柿は上から時計周りに

百目柿......とにかくでかい柿です。不完全渋柿なので、店に出るものは渋抜きされてます。果肉は柔らかめ。

太秋柿.......甘柿の世界の新ブランド。甘柿を交配させて作られた品種です。柿らしくないシャリシャリとした水分たっぷり食感がいけます。

次郎柿.......伝統的な甘柿。見た目がゴツゴツしていて、いかにもパリッとした食感がありそうな甘柿です。

筆柿...........ちょっと面白い形の柿です。不完全甘柿なので渋抜きされて店にでます。甘い柿ですが種がちょっと鬱陶しい感じです。

富有柿......日本を代表する甘柿。日持ちも良いせいか、冬まであります。私は熟しきっていない柿をパリパリ食べるのが好きです。

平種無し柿....この柿が一番多く売られているような気がします。品種で言うと刀根系か平核無系。おけさ柿、庄内柿、奈良種無し柿とかいろいろなブランドがあります。これは不完全渋柿なので渋抜きをされてお店にでます。

|

« ネオパンF | トップページ | すずらんの木の紅葉 »

コメント

ひぇ~柿も深いのですね。読み入ってしまいしました。
ボクなど、正月の餅に載ってる、つるし柿をつまむぐらい
ですが..汗。今は甘いミカンが待ち遠しい季節です。

投稿: SCR | 2008年11月 3日 (月) 22時48分

柿が大好きとは・・・医者知らずの柿ですが、食べ過ぎると糞詰まりになると、祖母から言われた記憶がかすかにあります。

この辺の農家の庭先には、必ず、まるっ柿があり、次郎柿とごしでん丸という名の柿があったように覚えています。何時の頃からか、買った柿はすごく甘く、農家の庭先の柿をもらい受けても、甘さが今一歩だと、柿もぎの苦労も考えず贅沢をいうこの頃であります。

投稿: ラ・ペルラ | 2008年11月 4日 (火) 17時48分

SCRさま今晩は
甘柿って本当は奇跡的な突然変異で、めずらしいものです。関東から南では当たり前でも北国の人には、羨ましいものです。

ラ・ペルラ さま今晩は
買った柿が甘いのは渋抜きをしているせいだと思います。甘さがかなり強い種無柿ももとは渋柿ですから。かえって渋抜きをした渋柿の方が甘いのではないでしょうか。

投稿: kk | 2008年11月 4日 (火) 22時00分

我が家の柿は植木職人から「富有柿」と云って植栽してもらいましたが今年は先週ぐらいまでに全部終わってしまいました。
見た目は大秋柿のようでもあり、数年前までは大振りで平たく上から見ると四角っぽい柿で、ほとんど種なしの状態でした。
10年ぐらい前はよく熟しないとどこかに渋みを感じることもありましたが最近は少し青味の残っている時でもカリカリと甘いです。
一番おいしい時期には富有柿のように少しだけ堅さがなくなって粘りのある果汁を感じる時が甘いです。
1本の木ながら年々歳々状況が変わるのが面白いです。
11年前に家を建て替える時にこの木は移動するなと大工に文句言われながら残したので
2階のベランダから手でちぎれるのが自慢です。
今年はカメムシの被害で園芸農家もダメだったようです。
我が家も半分以上は小鳥たちに大盤振る舞いの年でした。
自分の家に早生の柿が有るのが災いしてなかなか店で買う気にならないのが難点。

投稿: 610 | 2008年11月 7日 (金) 16時37分

610さま今晩は
甘柿の木があるのは羨ましいです。
その年の気候によって、また、柿の木の成長によって、毎年味が違うなんて、素敵なことです。

投稿: kk | 2008年11月 8日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネオパンF | トップページ | すずらんの木の紅葉 »