« Arsat C 500mm F5.6 | トップページ | 築地場外市場近くの圓正寺 »

2008年11月24日 (月)

Agfa optima II

Img_4801 私は、子供の頃こそ写真の趣味がありましたが、何となく再開したのが2000年からです。ただ、その頃は一変した富士のリバーサルフイルムに驚きながら、プロラボで現像してもらうだけだったので、ネガカラーについては何も知りませんでした。

ネガカラーに興味を持ち出したのは、自分で現像するようになった今年からです。ところが、時すでに遅く、多くのフイルムが絶版になった後でした。

したがって、昔のネガカラーフィルムがオークションで出てくると、何となく落として、使ってみたりするのですが、アグファはまだ一度も使ったことがありませんでした。

たまたま、Agfa Optima IIというISO400のフイルムが出てきたので、落札して使って見ました。フィルムの有効期限は2004年3月。フイルムの保存状況によりますが、220のフイルムであることを考えると、冷凍か冷蔵保存されていたフイルムである確率が高く、充分に使えそうな気がします。

それでも、実際に使用する時、多少の感度低下を予想して、ISO400から気持ち上げ、現像時間も10秒延ばしました。

ところが、現像してみると全体的に黒い。ベースの色も赤紫色に近く、撮影されたコマも何となく黒っぽく仕上がってしまいました。ベースの色はともかく、現像は明らかに押してしまったように思えます。しかし、30cの液温で10秒延長したからといって、ここまで押すとは思えません。

しかし、スキャンした画像をちょっと修正すると、私の好みの発色になるので、こういうフイルムもありかも、と妙に納得してしまいます。

200811232_w 作例1、Camera : Pentax 67, Lens : SMC Pentax 75mm F2.8, Film : Agfa Optima II, Home made C41, F8,1/125

200811231_w 作例2、Camera : Pentax 67, Lens : SMC Pentax 75mm F2.8, Film : Agfa Optima II, Home made C41、F4,1/60

200811234_w_2 作例3、Camera : Pentax 67, Lens : SMC Pentax 75mm F2.8, Film : Agfa Optima II, Home made C41、F8,1/125

|

« Arsat C 500mm F5.6 | トップページ | 築地場外市場近くの圓正寺 »

コメント

アグファのカラーフィルム、最初に現像するとベースの
色にビックリしますよね(笑)撮影されたコマが濃いのは
撮影時の影響が大きいのでは?と感じます。
このフィルム、うちの冷凍庫で寝てますが、こういう
発色なんですね。そのうちカラーネガもフジとコダック
だけになりそうですね。

投稿: SCR | 2008年11月24日 (月) 23時00分

SCRさま今晩は
あのベースはAgfa共通のベースなのですね。いやーびっくりでした。感度が下がっていると思ったので一段開けて半分撮ったのですが、水洗からあげた時には、何がおきたのかと思いました。
このフィルム、ちょっと面白そうなので、各種のシーンを撮ってみますね。

投稿: kk | 2008年11月25日 (火) 00時54分

昔Portrait160/Optima100/Ultra50の時代に,Ultra50を主に使っていましたが,IIはまたその頃のOptimaとは異なるようですね.
特にUltraは実効感度が125ぐらいあるのを50で露光させることによって彩度を余計に上げる設計なので,指示通りだと濃いネガがあがるため大抵100〜160で使っていました.上記フィルムの実効感度は実はほとんど同じというレポートを読んだ気がします.ここに採り上げられたII400も,実効感度はさらに高かったりして.

投稿: lensmania | 2008年11月26日 (水) 00時39分

 すみません、220自家現像の先輩に相談です♪。

乾燥には220の長さは、120の倍あるわけですから、やはり乾燥はUの字にして乾燥するのでしょうか?
それとも、220の長さが取れる高さまで、クリップの固定位置をあげてますか?

投稿: ラ・ペルラ | 2008年11月26日 (水) 10時38分

lensmaniaさま、

合点がいきました(^o^)//"""
それで、今も高い感度を維持しているのですね。

このフイルム、ちょっと面白そうなので、もっといろいろ撮ってみます。

ラ・ペルラ さま
いかにも中判が中心のラ・ペルラ さまらしい。
これが135を中心の人なら、あまり悩みません。
いつも36枚撮りのフイルムを吊るしてますから。

ということで、120のフイルムは流しの上に吊るし、
220のフイルムは、部屋の中、電灯のフレームから床ギリギリに吊るしてます。

投稿: kk | 2008年11月26日 (水) 21時05分

ああ、やっぱり1本吊りですか、そうでしょうね♪
わたし、背伸びしてあの長いフィルム吊すの、どうも違和感が・・・

考えて見たら、135の時も、あの長さが気になっていたのでした。

投稿: ラ・ペルラ | 2008年11月27日 (木) 14時45分

ラ・ペルラ さま今晩は

私も最初は220のフイルムに抵抗が、特にリールへの巻き取り時に、ありました。
でも、慣れると、便利です。なんたって2回分が1回の現像で済みますから。不精な私向きです。

投稿: kk | 2008年11月27日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Arsat C 500mm F5.6 | トップページ | 築地場外市場近くの圓正寺 »