« ウスギモクセイに関する暴論 | トップページ | 秋の日のマダガスカル ブッドレア »

2008年10月11日 (土)

グーグルストリートに思う

200810111_w_3 Camera : Zenza Bronica EC, Lens : MC Zenzanon 40mm F4, Film : CR Pro400, Home made C41

表題の写真は横浜駅北側を通る派新田間川で、清掃をする船です。この写真を撮りながら、そういえばこの川はどこにつながるのだろう、と思いグーグルマップを見てみました。

その結果、この川は首都高速の料金所で行き止まりになります。この先はグーグルマップの航空写真を見れば、現在の新田間橋のところで新田間川から分かれていたと想像できます。

マップと航空写真の組み合わせは、こんな風にとても便利です。

ところで、グーグルは新たにストリートビューという機能をグーグルマップに付け加えました。これはプライバシーの侵害になりかねないと賛否両論なのですが、とりあえず日本は公道からの撮影に限定して公開しているようです。

そこで、自分の住む街を見てみると、あっと驚くくらいはっきりと解ります。もちろん私の家も見れます。家が見えるどころか、干してある洗濯物、咲いている花まで見れてしまいます。咲いている花から見ると、季節は5月に撮影されたものと思います。また、家の近くのマンション工事の進捗具合から今年、2008年に撮影されたものです。

さらに、駐車している車、通りを歩く子供までわかります。ちょっとやりすぎの気もしますが、また、何処に行っても自分が住んでいる街の暮らしぶりを伝えやすいという利点もあります。

まあ、普通、自分の家など検索する酔狂なヒトはいないので、あっても構わないし、なきゃ、無いで、何でも無いのですが。

|

« ウスギモクセイに関する暴論 | トップページ | 秋の日のマダガスカル ブッドレア »

コメント

たしかにわたしの家もくるまが写ってたり・・・ボロ屋そのものですから、まあ、こんなものかと・・・。
神経質な社会、人々に変化してしまったこの国では、何でも心配の種にする人は多いですね。
ただ、あまりに便利に見える社会も、味気ないし、その分更に日本人の優しさが失われるなら、余計な事してくれたな、とも考えています。

この1枚は、銀塩ならではのひんやりした色温度を感じるのは、なかなか素晴らしいですね。やはりその時々の、神様のプラスアルファが銀のつぶつぶには隠されているわけですね。

投稿: ラ・ペルラ | 2008年10月11日 (土) 19時24分

噂によると全方向カメラを天井に付けたプリウスが
ゆっくり走りながらストリートビューを撮影してる
らしいです。海外のスリートビューを見ていると
飽きませんね。街角それぞれ、その国に雰囲気ムンムンで
見入ってます。
ちなみに当家は田舎なのでまだ対象外...涙

投稿: SCR | 2008年10月11日 (土) 21時44分

ラ・ペルラさま、今晩は
知らないうちに撮られているのがちょっと癪にさわるかな、
というものの、楽しめます。
実は私、横浜駅近辺にある水路は全部運河だと思っておりました。その割りに、用途が解らず変な運河だと思っておりました。川だったと知ったのは、ごく最近です。
ブロニカを久々に持ち出したら、前の220のフイルムが入っている様子だったので、TXPのつもりで残りのカットを写してました。また、フイルム自体湿気にやられているような気がちょっとしてます。

SCRさま今晩は

もともと、地図があれば航空写真が見たくなり、さらに地上からの目線で見たくなるのは人情で、本来の欲求を実現させたものですね。ある意味、あっぱれです。

投稿: kk | 2008年10月11日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウスギモクセイに関する暴論 | トップページ | 秋の日のマダガスカル ブッドレア »