« SL広場でのインタビュー | トップページ | 拝領した単玉レンズ Part2 »

2008年10月 2日 (木)

拝領した単玉レンズ Part1

20081021_w Camera : Pentax 67, lens : ensign , Film : Presto400, Pyrocat HD

私が、カメラ趣味の師匠と、勝手に思い込んでいる、610さまのホームページで紹介されていた単玉のレンズを拝領しました。

もともと私はソフトフォーカスレンズが大好きで、ソフトフォーカスレンズとして設計されたもの、たまたまそうなってしまったもの等々幾つか持っているのですが、ソフトフォーカスレンズと言うのは、一本一本ソフト効果の出方が違うので、つい、欲しくなってしまうのです。これらの単玉レンズは本来絞って使うように設計されているのですが、これを開けて使うとソフトフォーカス効果が出てきます。

レンズから探すだけでも大変ですが、今回は610さまがペンタックス67で使えるように工夫してあるものを頂いたので、楽に使えます。

もっと、被写体を選べばよいのですが、使って見たくて我慢できなかったので、そのあたりにあった季節外れの扇風機を撮ってみました。挿し木しているのは、ジャスミングランディフローラです。背景にあるバッチイ袋は東急ハンズから仕入れた木材が入っております。

ソフトフォーカスレンズは芯がしっかりしていることが大切ですが、このレンズはやはり良いですね。

実は、もう一本あるので、また今度。

|

« SL広場でのインタビュー | トップページ | 拝領した単玉レンズ Part2 »

コメント

このレンズはf:11からしっかりと描写のできるレンズですね。
ソフトのフレアーをうまく出すというのは順光逆光、
プリントの倍率などいろんな要素が絡まるので難しいですね。
今回お送りしたヘリコイドはあくまでもテスト用なので
ちゃんとしたヘリコイドに付けたらいい仕事するでしょう。
東急ハンズのチーク材は上京の度に仕入れては飛行機で
運んでいた頃が懐かしい。
今も10mm厚80幅1000長さのが1枚残っています。

投稿: 610 | 2008年10月 3日 (金) 09時05分

この大きさの写真だと、
オイラのメンタマでソフト具合がわかりません。
ゴメン

投稿: 會津 | 2008年10月 3日 (金) 20時04分

610さま今晩は

ありがとうございます。とれも嬉しいです。

こちらのレンズはペンタックスで使い易いのでこのまま。
もう一つはペンタックスだとバックフォーカスがギリギリなので、2000Fのハッセルブラッドにアレンジして、最終的にあっちで使ってみようかなと考えております。
ピントもハッセルのスクリーンの方がつかみやすそうでした。

會津
この写真、スキャンした時は、フレアーでもやった感じでしたが、フォトショップで自動調整をしたら、いきなり、スッキリくっきり画像になりました。

像の芯がしっかりしているからだと思うのですが....。

投稿: kk | 2008年10月 3日 (金) 21時02分

ソフトレンズというカテゴリーが不勉強でよく解って
おりませんが、雰囲気のある画像を創り出すレンズ
ですね。なにより、渋い扇風機お持ちで...笑

投稿: SCR | 2008年10月 3日 (金) 22時31分

SCRさま今晩は
まだまだこのレンズは奥が深そうです。想定されていない絞りでも作例のように、わりとしっかり写ってしまうのです。
光線状況の影響を受けやすいのかも知れません。

投稿: kk | 2008年10月 4日 (土) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SL広場でのインタビュー | トップページ | 拝領した単玉レンズ Part2 »