« 急行あおもり号 | トップページ | 油田のある風景 »

2008年8月21日 (木)

五所川原駅構内のネコ

Img_4214_w Camera : Canon EOS 5D, Lens : EF24-105 F4L

五能線、津軽鉄道の五所川原駅は最も好きな駅のうちの一つです。駅を出てすぐのところに踏切があり、そこから駅構内を見ることが出来ます。踏切といってもだだっ広い踏切で、本当に線路のところにだけ警報機があるような、鉄ヲタ憧れのロケーションです。

私はここで、駅構内を見たり、踏切を横断する人を見たりするのが好きなのですが、今回はここでネコを一匹発見しました。

Img_4214_w1 はじめは、線路の側でネコが遊んでいるだけだと思いましたが、すぐに何か狩りをしていることに気が付きました。何を取ったのか、その時はわかりませんでしたが、デジカメで拡大してみると、それはネズミでありました。

駅の構内にネズミって居るものなのか?とも思いましたが。狩をするネコはなかなか凛々しい顔立ちをしております。

Img_4224_w 獲物を運んで窪みに隠れたので、獲物を確認しようと近づいたらすごい形相でにらまれてしまいました。獲物を横取りしようなんて、かけらも考えていなかった.....んですけどね。

|

« 急行あおもり号 | トップページ | 油田のある風景 »

コメント

おお、野生の猫ですか、頼もしいなぁ。

最近我が家に来てパンをねだる雀の姿がぱったり途絶えました。
稲の実が入り始めるとあれは牛乳みたいに美味しいんでしょうね。
お百姓さんには悪いのですがしたたかに生きている野生の生物は頼もしい。

投稿: 610 | 2008年8月21日 (木) 21時54分

610さま今晩は

このネコ厳しい生活をしているようで、目つきが鋭くて
素敵でした。

立ち振る舞いも堂々としていたし。

投稿: kk | 2008年8月21日 (木) 22時35分

ウチの子に比べたら、数百倍凛々しい子ですね。
模様もその演出に一役かって居るような..
環境で眼光が違うのは、人間も含め生き物に共通しますね。
この子もこの踏切がシマなんでしょう(笑)

投稿: SCR | 2008年8月21日 (木) 22時43分

SCRさま今晩は

そうですね、このコのシマはこの踏切と、たぶん津軽鉄道の構内。ちょっと羨ましかったりします(笑)。

投稿: kk | 2008年8月21日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急行あおもり号 | トップページ | 油田のある風景 »