« 瑞穂埠頭 | トップページ | 改造A24のテスト »

2008年7月21日 (月)

Fotorama FP-452

R0011454_w もし近所の写真屋さんが証明写真をデジタルに変えるか、廃業するかして、証明写真用のインスタントカメラを捨てるようなら、迷わずもらってきましょう。タダだと気が引けるようなら㌔500円くらいで買っても良いと思います。

実際は、もう証明写真はデジタルに移行している場合が多く、インスタントカメラの証明写真はバックアップの為か、アクセサリーとしておかれている場合が多いのではないでしょうか。それでも、機種は確認しておいて、何かの時にそなえておきましょう。

この機種が、Fotorama FP-452かその更新機種のFotorama FP-ULだと、4x5のホルダーがつくようになっているので、フイルムホルダーのロック機構を流用できるのです。

この4x5のロック機構は国際規格というものですが、自作すると面倒だし、スピグラのような実際の大判カメラのパーツは高価で、かつでかいです。その点、FP-452,FP-ULの国際規格ロックは安く手に入り、しかも小型です。

写真のカメラはFP-452現行のFP-ULの一世代前の機種です。性能は現行のFP-ULとほぼ同じで、焦点距離を知らせるセンサーが無い程度です。FP-452は焦点距離が1.2m、コンバーターレンズをつけて1.6mの固定焦点距離を写すカメラでした。しかし、距離計はあわせにくかったので、センサーをつけて1.2mを正確に知らせるように改良したものと思います。

R0011532_w このカメラもFP-ULも4x5のロック機構を抽出するのはいたって簡単。ホルダーをあてがう部分に張られた遮光布をはがすと、ネジが見えるので、このネジを抜くと簡単に4x5のバックが外れます。実は、これがこのカメラの分解の第一歩で、ここからサクサクと分解して行けるのですが、ジャンク品を直すつもりでなく、4x5のロックが欲しいだけであれば、これで終了です。

ただ、このカメラはなかなか見所があって面白いカメラですので、改造ネタに使えると思います。レンズだってマルチコートされた4群4枚のトポゴンタイプと思われる120mmF8のレンズです。スペックから行くと一個で充分4x5をカバーするハズですが、これを贅沢に2個も使ってフイルムの半分しか使いません。

また、単三4個の6ボルトでストロボを発行させ、シャッターをチャージし、レリーズさせております。

このカメラはシャッターボタンを押すと、電磁レリーズが動いてシャッターのレバーを押します。次にモーターの力でシャッターのをチャージします。シャッターそのものはバネの力で駆動し、円盤のような金属膜を動かします。ガバナーのようなもので後を追う金属膜のテンションを変え1/60のシャッターと1/125のシャッターを切り替えることが出来ます。

一言で言えば、プラスティックのおもちゃカメラのように見える外観とは全く別な、特殊な用途に特化した高級カメラなのです。何台か手に入れた一台は手入れして、このまま使うつもりです。

|

« 瑞穂埠頭 | トップページ | 改造A24のテスト »

コメント

よくご存じですねぇ~、フツウの人はそのような事を
考えません(笑)、
こういうものって、出ると安いですから、内容をしっかり
把握してると強いですね。

投稿: SCR | 2008年7月21日 (月) 08時05分

SCR さま、おはようございます。
4x5や中判のグラフロックを一度自作してみると、
既製品のありがたさが身にしみます。

街でグラフロックを見かけると、その素性を調べる
クセが付きました。

投稿: kk | 2008年7月21日 (月) 08時54分

この2機種ずいぶんお世話になりました。
最近の両面撮り枠には脇に溝が切りこんであって
このスライドロックに合うようになっていると聞きました。
ほとんどガチャガチャしか使わないので不自由は感じませんが
そんな両面撮り枠があるとは知らなかった井の中の蛙。

投稿: 610 | 2008年7月22日 (火) 06時53分

距離だけ合わせれば、プロの仕事をやってのけるカメラですね。

シノゴのバックをこんなに用意して、なにを創るのですか。

投稿: 會津 | 2008年7月22日 (火) 19時07分

610さま
このカメラのシャッターを調べようとして、FP-452、シャッターと入れて検索したら、610さまのマス酒カメラがでてきました。前に写真を見たことがあったのですが、まさかこのカメラが母体だったとは気が付きませんでした。

會津さま
このカメラ達の運命は、1.小型の折りたたみピンホールカメラ用のバック、2.二枚撮りを、4x5を1枚撮影するように変えただけの4x5証明カメラ、3.今のままのFP-452、4.予備の4x5バック。と考えております。

投稿: kk | 2008年7月22日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瑞穂埠頭 | トップページ | 改造A24のテスト »