« Fotorama FP-452 | トップページ | 遠い日の根津 »

2008年7月23日 (水)

改造A24のテスト

20087211_w Camera : Hasselblad 500CM, Lens : Planar 100mm f3.5 CT, Film ctpro400

先日紹介した、ハッセルブラッドの改造A-24マガジンをテストして見ました。これは日付で08.7.21と出るハズなのですが、あまり良く写ってません。フイルム感度とおぼしき調整をLにしてしまったので、ISO400のフイルムでは強すぎたのかも知れません。または、圧版に埋め込まれたレンズが曇っているのかも知れません。一応読めるものの、日付をちゃんと写しこむにはもう少し研究が必要です。

もっとも、私はこの機能が通常の使用にワルサをしなければ良いと思ってテストしていたので、写りこみにとやかく言うのは本末転倒かも知れません。

20087214_w このバックは日付、時間、ナンバーを写しこむためのスイッチをあえて入れなければ、シンクロコードに繋ぎっぱなしでも、写しこみは機能せず、全く普通のマガジンとして使えます。

R0011540_w 正直言うと、全く普通では無く、特殊なチューニングをしているかも知れません。というのは、このマガジンは正確にスタートマークをあわせると、一枚目がフイルムとリード紙との境目ギリギリの所に来ます。そして24枚撮ると、もう2枚ぐらい撮れそうにフイルムがあまります。ひょっとして、このマガジンは220のフイルムで26枚の撮影をするようになっているのかも知れません。

それにしても、このフイルム、センチュリアのポートレートPro400ですが、良い色がでます。これまで曇りの日ばかり使って重い色を楽しんでいましたが、晴天の日も自然で偏りの無い素晴らしい発色をします。

|

« Fotorama FP-452 | トップページ | 遠い日の根津 »

コメント

ぼくのA24もお書きの傾向が有りますので、そうなんでは?という
気がしますが..
この発色の素晴らしさは、kkさまの現像、プラナーの
なせる技だと思います。プラナーの100mmが欲しくなる
写りですね。恐れ入りましたでございます。

投稿: SCR | 2008年7月23日 (水) 23時04分

SCRさま今晩は。

ということは、私が手に入れたA24は正しく動いている
と言う事ですね。26枚撮っちゃろ。

プラナーの100mmはレンズの構成枚数が少ない分、発色がストレートかも知れません。でも、これ、このフイルムの影響が大きいと思います。
何か、コニミノの緑はフジのようなあざとさが無いし、コダックのように難しくも無い、素直で自然な緑のような気がします。このフイルムというかコニミノの撤退は本当に残念です。

投稿: kk | 2008年7月24日 (木) 00時07分

戦前のプリマーフレックスにトリオプラン1:2.8/80が付いていましたが
古い1万番以下のトリオプランはこの写真と一脈相通じる
穏やかな色ぬけが素晴らしかったです。

投稿: 610 | 2008年7月24日 (木) 12時09分

610さま、今晩は。

トリオプランですか、名前からすると三枚玉のようですね。
それで、80/2.8というと、ちょっと危なっかしくて面白そうな描写をしそうな感じです。

また、4群5枚のプラナーでT*コートされた100/3.5は、確かに、端正でスカッとした描写をしますね。

投稿: kk | 2008年7月24日 (木) 21時13分

間違いなく3枚玉で、しかも1眼レフなのでf:28と
目をむくような構成なのですがなぜか開放でも穏やかで
美しいボケの出るレンズでした。
不思議ですね。

投稿: 610 | 2008年7月24日 (木) 22時26分

610さま、
急に思い出したことが....。
シャッター幕が逝かれていたので、猫またぎしたカメラがひょっとして...。

投稿: kk | 2008年7月25日 (金) 00時51分

そのネコの背中には美味しい枯節が括り付けてあったことでしょうねぇ。

投稿: 610 | 2008年7月25日 (金) 08時07分

610さま、

その店に、ちゃんとトリオプランを拝ませてもらおうとして、行ってみたところ、もう売れてありませんでした。

その代わり.....私、ああいう店に近づいてはイケナイ人間なのです。

投稿: kk | 2008年7月25日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fotorama FP-452 | トップページ | 遠い日の根津 »