« 十和田湖まで足をのばしましたが | トップページ | Centuria Pro 400 »

2008年6月 5日 (木)

自家現像と純正現像

200853111_w Camera : Hasselblad 201F, Lens : Planar 110mm F2, Film : Fuji Pro 400, Fujicolor labo

ちょっと前まで、カラー写真はリバーサルフイルムで撮ってライトボックスに乗せ、ルーペで鑑賞しておりました。それがだんだんPCに取り込んで、PCのスクリーンで鑑賞するようになり、スキャンの手間を惜しんでは、デジタルが主体になりました。もちろんデジタルのカラーとフイルムのカラーは違うので、リバーサルフィルムを捨てた訳ではありません。

ところが、最近、この図式にネガカラーが入ってきました。ネガカラーは、全く使ってなかった訳ではありませんが、リバーサルだと2時間で仕上げるプロラボもネガだと中2日かかり、それが面倒で、プリントが必要な時に限って使っておりました。それが自家現像をするようになってから、勢力図が一変。自宅で現像できるネガカラーがリバーサルカラーより手軽になった訳です。もちろん、デジタル、ネガ、リバーサルは別々の魅力があり、これらは並行して楽しんで行くつもりですが、現像の楽しみがあるネガカラーは今後増えて行くものと思います。

そこで気になるのは、純正処理したネガと自家現像のネガではどれくらい違うかということです。一般にネガカラーは誰が何処で現像しても、結果が同じになることを目標に開発されてきたので、自家現像でもそんなに結果が異なるハズはありません。結果が異なっているとしたら、それは自家現像が失敗している訳で、手順のうち何かが悪かったか、処理液が劣化していたかどちらかです。

今回、田舎の両親を写したカットが入ったフイルムが残り、これは現像所で純正現像してもらうことにしました。このあたり、まだまだ弱気です。それ以外のフイルムは、建物とか景色とかしか写っておりませんから、気楽に自家現像をします。

こうしてあがった二種類のネガをみてみると、見た目は随分違うことが解ります。まず、水洗を行わず安定剤で処理をする純正現像は全体に赤っぽい感じで、コーティングされたように輝いております。反して自家現像したネガは、薄く、しょぼい感じがします。像の出方は自家現像のほうは少し押し気味でした。

20085317_w Camera : Hasselblad 201F, Lens : Planar 110mm F2, Film : Fuji Pro 400, 30c、6m45s

しかし、これをスキャナーで取り込んで、トーンカーブとホワイトバランスを調整すると不思議なくらい自家現像のほうがやり易く感じました。おそらく、この原因は

1.自家現像の方が若干押し気味に現像されているので彩度さえ落とせば自然に見える

2.ハレーション防止の残留ステインが純正現像の方に残っていて影響している

3.そもそも自家現像には期待感が無く、反面、純正処理には期待感がつよいので、気分の差がそう思わせる。

といった感じでしょうか。

200853121_w フラットベットのスキャナーに直おきして、ネガを比べてみました。自家現像の方が押し気味と思っておりましたが、気のせいでした。フイルムの切り方にだらしなさが出てますね。汗。

|

« 十和田湖まで足をのばしましたが | トップページ | Centuria Pro 400 »

コメント

この小屋、お訪ねしたときは入れなかった。
中を覗いて見たいな。

投稿: 會津 | 2008年6月 5日 (木) 21時10分

面白い分析をされておられますね。
読み入ってしまいました(笑)、私はもうずぅ~っと
昔にラボに出したネガをスキャンすることがありますが
ほとんど変わらないかなぁ..と、それより露出による
影響の方が多いなって感じです。
それと、プリウオームをされる(湯で2分程度)方が
結果が良いように感じます。

現像用単薬がご入り用でしたらメールくださいませ。

投稿: SCR | 2008年6月 5日 (木) 22時33分

會津さま今晩は。

この小屋の中は古い芝居小屋の雰囲気がそのままだそうです。私もこの町に来ると鉄道で忙しく?この小屋には入ったことがありません。今度入ってみますね。

SCRさま今晩は。
ネガの状況をスキャンした画像を追加しました。自家処理の現像がバッチくみえるのでお恥ずかしいのですが、純正処理との差が出ていて参考になると思います。

私は30cで現像するので、なんちゃってプリウォームをしております。下手すると温度さげているな、コレ、なんて思いながらやっております。

お薬のお話はありがたいことでございます。大阪方面には足を向けて眠れません。

投稿: kk | 2008年6月 5日 (木) 23時34分

ラボの現像と自家現像の比較は面白いですね。
以前から気にはなっていましたが大変参考になります。
webの画像からでは何とも言えませんが自家現像の方が
最終的にはすっきりしているように感じます。
何と言っても暗室に飛び込めばすぐ見れるのが素晴らしいですね。

投稿: 610 | 2008年6月 7日 (土) 23時10分

610さま、今晩は。

そうなのです、もう、中2日なんて待ってられない。もう少し経験を積んで、大事な物が写っているネガでも自分で現像するようにします。

投稿: kk | 2008年6月 7日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十和田湖まで足をのばしましたが | トップページ | Centuria Pro 400 »