« ネオン展 | トップページ | ラベンダーラッシーの花束 »

2008年5月24日 (土)

日テレ大時計の側に住むネコ

R0011188_w Camera : Ricoh GX100, Lens : Ricoh Zoom 5.1-25.3mm F2.5-4.4

汐留、SIOSITEの日テレ大時計の前、資生堂ビルとの間の緑地に何匹かのネコが住み着いております。こいつらは、いつから此処に住み着いているのか定かなことは解りませんが、子猫がここにいた記憶があるので、おそらくその子猫が大きくなったものでしょう。

でも確かあの時は親ネコもいたハズだけど、どうしたのかな。と、この写真を撮りながら考えました。この場所にネコが住み着いているのは知っていても、いったい何時から、何匹で、どんなネコが暮らしているのか確かめたことは無いのです。

それに、持っているカメラが広角レンズが主体なので、遠くにいるネコをちゃんと写したことも無かったのです。こんな風に、地域ネコについて、そこに暮らしていることは知っていても、詳しいことはあまり知られておりません。

ひょっとして、変に詳しく知っていると、そこの地域ネコの問題に関する責任を押し付けられる恐れもあるので、人は詳しく知りたがらないのかも知れません。

例えば、この三匹のネコをタマ、ジジ、トラとか呼んで、餌をあげようものなら、いきなり、「あんただね、ここで野良猫を飼っているのは」みたいな目でみられてしまいます。だからネコ好き人間はさりげなく、餌を置いて遠巻きに眺めたりします。

「こっちにおいで、チッチッチ」とか手招きをするのは、大抵の場合一見さんで、彼らはこの場所では、所詮「よそ者」だから、自由にネコに話しかけたりするのです。

真剣に考えれば、彼らの立場は非常に微妙ですが、彼らはその事にまだ気が付いておりません。会社が引ける時間になれば、何となく集まり、何となく食べ物をもらい、満腹になると、のんびりと昼寝をするだけです。ここの植栽が人間との距離を上手く調節しているので、これから先も平和に共存していくことでしょう。

|

« ネオン展 | トップページ | ラベンダーラッシーの花束 »

コメント

うちのミーちゃんもこうやって、改築される公園に住んでました。
当時、公園には20匹近くの野良猫がいましたが、不思議と
親はどこかに
消えます。きっと猫社会にも仁義があるのでしょう(笑)
最初、動物を家で飼うのに抵抗がありましたが、今ではすっかり
家族の一員..いや彼が軸で回ってる時もあります(笑)

投稿: SCR | 2008年5月24日 (土) 10時05分

SCRさま、今晩は。

ここのネコたちは、一般的な野良猫より恵まれております。
雨をしのげる場所があり、下から照らすライトで冬でも暖かい場所があります。

ネコ好きだけど家でネコが飼えないOLなんてゴマンといるので、ちょっと甘えた声で鳴けば餌をもらえます。カンズメのキャットフードなんて言う食べ物ももらえるのですよ。

投稿: kk | 2008年5月24日 (土) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネオン展 | トップページ | ラベンダーラッシーの花束 »