« 徒長と寸詰まり | トップページ | 欧州乗り鉄の旅に出かけます »

2008年2月22日 (金)

トーマス クックの時刻表

Img_0826_w 時刻表は私が子供の頃からの愛読書でありますが、この時刻表の原型はイギリスで最初に作られたそうです。時刻表の無い時代は列車の時刻は、ビラのような一枚紙で案内されていたようです。

今でも、田舎の温泉宿に行くとxx駅列車時刻表みたいな紙が壁に貼られていますし、私の実家でも列車ダイヤが変るたびに新聞に折り込まれてくる駅の時刻表を大切に保管して、テレビ台の下においてあります。

列車の時刻を知る目的では本来このチラシで充分なのかも知れません。しかし、列車時刻表は列車の時刻を知るだけでなく読み物として優れたものであると確信しております。この時刻表で少年の空想はふくらみ、推理小説のトリックのネタにもなっております。

その数ある時刻表の中で、最も優れたものはトーマスクックの時刻表であるのは間違い無いでしょう。トーマスクックの時刻表もイギリスのものですが、先ほど述べた最初の時刻表ではありません、トーマスクックの時刻表は編集の上手さと、見易さを追求した結果、最初の時刻表であるブラッドショーの時刻表に勝ち残ったものなのです。

最近、欧州各国の鉄道はオンラインによる検索サービスを充実させ、トーマスクックの時刻表など比較にならないほど充実した検索結果を表示してくれます。

しかし、トーマスクックの時刻表はこのオンライン検索サービスがいくら充実しても残るでしょう。もともとこの時刻表の良さは、必要な情報を落とさずぎりぎりまで切り詰めたシンプルさ、見易さ、全体像のつかみ易さにあるのですから。

|

« 徒長と寸詰まり | トップページ | 欧州乗り鉄の旅に出かけます »

コメント

時刻表って、はてしもない空想への引き金ですね。
酒を飲みながらニヤニヤできる妖しげな書物です。

投稿: 會津 | 2008年2月23日 (土) 19時43分

會津さま、今晩は。

今回は楽しく空想するだけでなく、今月末から鉄道に乗りに行きます。

時刻表見てる時が一番楽しくて、実際に行くのはちょっと面倒くさいです。

今回も、最初の計画では深夜1時に10分違いの乗り換えなど考えたのですが、列車が遅れて失敗した時のことを考えてやめました。

投稿: kk | 2008年2月23日 (土) 21時31分

こんばんは、ボクも昔は愛読書でした。まだ交通公社の
時刻表ってやつですが(笑)
高校の頃、休み前になるとノートに乗る列車を調べ上げ
周遊券を手に旅行した事を思い出します。

投稿: SCR | 2008年2月26日 (火) 22時12分

SCRさん、今晩は

今回はSBB(スイス国鉄)とDB(ドイツ国鉄)の時刻表検索をエクセルに貼り付けて予定表にしました。

これだと、WEBのアドレスも着いているので列車番号をクリックすると列車の時刻表と停車駅の駅の時刻表が簡単に検索できるので便利です。

投稿: kk | 2008年2月26日 (火) 23時32分

先日低料金遠回りの旅をしましたが時刻表はもう10年ほど使っておりません。
むかし出張中に退屈しのぎにページをめくっていたのが懐かしい。
数日前に本屋の横を通り過ぎながらまだ時刻表はあるんだよねと思ったことでした。

投稿: 610 | 2008年2月27日 (水) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徒長と寸詰まり | トップページ | 欧州乗り鉄の旅に出かけます »