« マートルのクリスマスリース | トップページ | 紅葉は冬の風物詩になる? »

2007年12月12日 (水)

犬を見ながら考えた事

20071122_1_w Camera : Rolleiflex 2.8C, Lens : Planar 80mm F2.8, Film : TX, EI=400, HC-110

飼い主がカフェでお茶を飲む間、彼(彼女?)は少しの間、自由に動き回ることが許されたみたいです。気ままに走り回り、転げまわっておりました。

これが土佐犬ならば洒落にならないのでしょうが、この犬の場合、道を歩く人々から、こっちにおいでと方々から誘いを受け、あっちにふらふらこっちにふらふらしておりました。そのうち飼い主が呼び戻そうとするものの、気にするそぶりもありません。その様子が妙に似つかわしくて、気ままに振舞う事が似合うことは、犬にとっても、人間にとっても得な事であるなぁ、なんて、とりとめもない事を考え始めました。

考えてみると、犬は、同じ犬というのは間違いと思えるほどいろいろな種類があり、また雑種もいるので、容姿、性格は千差万別と言う事になるでしょう。だから、こんな容姿の犬はこんな性格なんて、当てはめること自体無駄な事と思われます。

ただ何となく、こんな容姿の犬はこんな性格。みたいな分析は真実味があるかも知れません。キャンキャン吼えるセントバーナード犬など想像すら出来ませんしね。少なくとも、漢字の名前だけで人の性格を分析するプログラムよりは真実味があるでしょう。

この犬はおそらく、フレンチブルドックという種類。だとすると性格は「性格は物静かで繊細、しかし、活発で好奇心も旺盛、顔に似合わず賢い」ということになります。そう知るとだんだん、この犬の性格がそんな風に思えてくるから不思議です。

Photo 真実味の無いハズの脳内メーカーの結果でさえ、そう言われると、自分の脳内はこうなっているのだと、だんだん本当の事のように思えてくるのですから。

|

« マートルのクリスマスリース | トップページ | 紅葉は冬の風物詩になる? »

コメント

「性格は物静かで繊細、しかし、活発で好奇心も旺盛、顔に似合わず賢い」

このような女性と結婚すればよかったなぁ。

投稿: 會津 | 2007年12月14日 (金) 08時57分

會津さま、今晩は。

「性格は物静かで繊細、しかし、活発で好奇心も旺盛、顔に似合わず賢い」...フレンチブルドックの性格らしいのですが、人間の女性には、なかなか無い性格かも知れません。

投稿: kk | 2007年12月14日 (金) 21時16分

こんにちわ♪へ~面白い遊びがあるんですね。

あ~わたしもやってみましたら。

中心部がHで、後は全部嘘でした♪・・・当たってるし~
最近は弱くなってきたから1個だけ、すこし悲しい。

投稿: ラ・ペルラ | 2007年12月15日 (土) 19時54分

ラ・ペルラ さま今晩は

>>中心部がHで、後は全部嘘
Hが出てくる辺りは、ラ・ペルラさまの面目躍如、という事でしょうか、それとも一個しか出てこないあたりが、仰せの通り、残念なところでしょうか。

後は全部嘘と言う所が私と同じであります。このパターンを聞くのは、私の他では初めてであります。

嘘に囲まれるあたり、どこか似たところが、あるのかも知れませんね。

投稿: kk | 2007年12月15日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マートルのクリスマスリース | トップページ | 紅葉は冬の風物詩になる? »