« 小京都より人吉駅 | トップページ | SEMFLEX standard T950 »

2007年9月17日 (月)

ミニにクラクラ

2007916_w1 Camera : Semflex,  Lens : Som Berthiot Anastigmat 75mm F4.5,  Film : Across

小さな二眼レフをぶら下げて家の近くを散歩していると、オースチン ミニが物陰からこちらを覗いておりました。夕日がグリルとライトを照らした時、コイツは明らかにこちらを見てニマッと笑ったのです。

あっ、猫タクシーだ。何となくそんな気がしました。となりのトトロに出てくる猫バスを小型にしてタクシーのようにしたらこんな形かも知れません。うーん可愛い。

現在BMWが品質管理して作製している新型のミニは、似たようなコンセプトの車の中では圧倒的によく出来ていると思います。デザインは可愛いし、居住性もそれほど悪くない、動力性能はスポーティータイプだと恐くなるくらい強力です。

それでも、旧タイプのミニのように悪戯っぽく笑ったりすましたりしません。旧タイプのミニが時折見せる表情に比べれば、面白みにかけます。

一時期、新型のミニを買おうかどうか迷った時は、このことを言い訳にして止めました。「ミニがどうしても欲しいのなら昔のミニの方が魅力的だ、でもメンテナンス出来る?今の車のメンテナンスが大変だからセカンドカーが欲しいのでしょ?ならメンテナンスが要らない車が良い、中途半端は良くない」と。

結局セカンドカーはホンダの小型車を買い、その後半年でファーストカーは修理不能なくらいに壊れて廃車になり、ホンダがファーストカーになりました。たぶん、こうなるのではないかと予感はありました。廃車になっていく車を見るのは辛かったのですが、憑物が取れたような気にもなりました。車は堅実さが一番。

で、現在の私は、確実に車が動くことのありがたさが身に滲みているのですが、ミニやVWバスのタイプ2をチラッと見るとグラッと来るのも事実です。

|

« 小京都より人吉駅 | トップページ | SEMFLEX standard T950 »

コメント

ううむ、トリプレットのベルチオアナスチグマートですね。
いつもの異次元まで突き抜けた方向性とは別に、枯れたというか粋なお散歩写真機をお使いです。
そういう肩の力が抜けた状態がまた日常から少し外れたような次元に踏み込む原動力かもしれません。
私はセムフレックスを求めるのに、どうしてもf3.5のFlor探しから意識が外れません。
願うことならボディもセミオトの親指クランク...と俗な欲望から抜け切れません。

投稿: rensmania | 2007年9月17日 (月) 19時44分

私の持っているセムフレックスは、旧式のもので、赤窓が面倒なのですが、とにかく小さく小粋なので、お散歩のお供になることが多いのです。

この写真はもともと、軟調現像をしたものなのですが、レタッチしてシャドーを潰しております。本来はもっと優しい写りをするレンズです。

投稿: kk | 2007年9月17日 (月) 21時42分

ミニには近寄ったこともないなぁ。
ワーゲンのオーバルから始まってバスになった息子も今はフォレスターに乗ってバスは我が家に置きっぱなし。

ここで拝見したソフトレンズで触発されて、僕も昨日からペンタックス67にベローズ付けてリンホフボードをあてがう工作中です。
ヘリコイドロック機構を現物合わせで工作したので一息つきました。

で・・・遊びたかったベリート210mm?が見つからない。
あの重たくてでかいのがどこに隠れるかわからぬ我が家。
ベリートの5”という幻のレンズ(と思っております)とイマゴンでもアソボかな?


投稿: 610 | 2007年9月18日 (火) 11時14分

リトル・ミス・サンシャインという映画をDVDで見てしまって、
ちょっとやばい感じです。ワーゲンバスが欲しい...。

でも幸いなことに最近は結構お高い車になってしまったので、しっかり
ブロックされてしまいます。

ベリートも良いなあ、焦点距離が短いものが欲しいのだけどなかなか見つからない。ベリートの5って5インチのことですか?そんなに短いのもあるのですか、14インチの巨大レンズはよく見かけます。私にはちょっと長いなぁ。

投稿: kk | 2007年9月18日 (火) 21時55分

ウフフ、ベリートの5インチを所有している人は世界に何人いるのだろう?
いつだったかフランスの写真家がぼくのHPで発見してえらくご執心でした。
ただし・・・失敗作だと思います。
今度ペンタ67で試験したらご報告しますがエンサイン・カーバインだったかの単玉レンズのフード外しのほうが僕の好みです。

投稿: 610 | 2007年9月18日 (火) 22時31分

ペンタックス67には120㎜のソフトフォーカスがあるので、
ベリートの5インチの写りが同じフォーマットで見れるのは楽しみです。

エンサイン・カーバインは全く知らないのでちょっと資料を探してみようかな。

投稿: kk | 2007年9月19日 (水) 21時44分

エンサイン カーバインは実にたくさんのバージョンがあるようです。
おしまいには距離計連動まであったようです。
僕が手に入れたのは一番原始的なレンズがシャッターの後ろに1枚だけあるベス単式の単玉レンズのバージョンです。

投稿: 610 | 2007年9月20日 (木) 21時40分

エンサイン カーバインがたまたまヤフオクに出ていて、危うくイッてしまうところでした。

とりあえず我慢。

投稿: kk | 2007年9月21日 (金) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小京都より人吉駅 | トップページ | SEMFLEX standard T950 »