« 狛犬に驚きました | トップページ | Imagon 300mm H=5.8 Rodenstock-Tiefenbildner »

2007年9月 8日 (土)

豊肥線、立野駅

Img_9856_w Camera : canon EOS 5D, Lens : EF 24-105 F4L

単線の路線で、上りと下りの列車が同時に、同方向から駅に進入してくる。通常ではありえない光景が豊肥線の立野駅では見られます。

何故、こんなことがおこるかというと、この駅はスイッチバックの行き止まりに駅があるからで、おなじスイッチバックの肥薩線の大畑駅でも同じ事は、おこりますが最近の列車本数ではそんな必要は無くなりました。

この珍しい光景が見られる事だけでなく、立野駅のスイッチバックはスケールが大きく、是非見てみたいと30年ほど前から思っており、このほどやっと実現した次第であります。

この間、この路線を8620という蒸気機関車が復活しSLあそBOYという名前で運行し立野のスイッチバックを登る写真はあちこちで見て、是非この蒸気機関車が走っているうちに来たいものだと思っていたものの果たせませんでした。もっともあの列車が妙にウエスタン風に飾られたものでなければ、万難を排して何が何でも来ていたでしょうけど。

何でも、8620は設計図が見つかって壊れた台座を新調し、また数年後に復活するかも知れないとの事、その時は人吉方面が主な活躍の場になるかも知れませんが、立野に来ることもあるでしょう。その時は、たとえウエスタン風に改造されていたとしても是非スイッチバックを登る姿を見に来たいものです。

しかし、せっかくの鉄道遺産、出来れば原型で復活してくれないかなぁ。

|

« 狛犬に驚きました | トップページ | Imagon 300mm H=5.8 Rodenstock-Tiefenbildner »

コメント

ここの横を年に何度も通りますが滅多に駅には降りないですねぇ。
今度トロッコ列車の動力車が変ったそうなので見に行って来ようかな?
以前のは車輪にジーゼルエンジンのっけてその隙間に人間が潜り込む、どこかの鉱山用の動力車みたいなものでした。
おそらく今度のはもう少し馬力が強いのかな?
先日高森線の鉄橋を良いアングルで撮れないかと近づいてみましたが雨も降っていたし見つけられないままに退却しました。
子供のころにこの路線に乗るとものすごい煤煙で嫌だったなぁ。

投稿: 610 | 2007年9月 9日 (日) 10時29分

学生の頃、九州ひとまわり貧乏旅行をしました。
この線も乗ったらしいのですが、記憶が薄らいで・・・・・

投稿: 會津 | 2007年9月 9日 (日) 10時54分

昔、鉄道の要所にあるこの駅はもっとにぎやかで職員もいっぱい居たはずです。それでも立地の関係から、当時から広いスペースを取れる駅ではなかったと思います。

当時は全部蒸気機関車が牽引していたので、機関車の為の設備も必要でした、与えられた条件の中で最も効率良く運用できるような工夫がされていたはずです。

今では、そんな面影しか感じることが出来ませんが、工夫を凝らされた駅は何故かみんな美しいのです。

今は、秋の阿蘇と立野駅が見たくてたまらない毎日です。

投稿: kk | 2007年9月 9日 (日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狛犬に驚きました | トップページ | Imagon 300mm H=5.8 Rodenstock-Tiefenbildner »