« チネチッタ | トップページ | 大正池のマガモ »

2007年8月 1日 (水)

ニホンアナグマってカワユイです

Img_8908_w Camera : Canon EOS 5D, Lens : EF24-105 F4L

山道を車で通っていたら、動物が道を渡りそうでした。なので、車を止めて渡らせてあげようと思ったのですが、なかなか渡る気配はありません。側溝に隠れました。でも、まだ渡るチャンスをうかがっているように思えました。

最近タヌキの交通事故が多いので、一言注意してあげようと思い、車から降りましたが、また道路の側溝に隠れてしまいました。頭が見えてるよーと笑って見ていましたが、こちらの様子をうかがおうと思ったのかパッと顔をあげると、こいつ、なかなか可愛い顔をしているのです。

子タヌキだと思っていましたが、何となくニホンアナグマっぽいです。野生のニホンアナグマは初めて見ましたが、なんとも可愛い仕草をする動物ですね。

側溝に隠れながら、こちらが気になるらしく何度も顔を出すのですが、そのしぐさが可愛いのです。おそらく、何か居るとは思うものの何であるか解らないのですね、また、こちらが結構近くによっても同じ事を繰り返します、多分視力が弱いのでしょう。

その後、こいつは、私に気が付いて側溝からジャンプして茂みにかくれようとしたのですが、一度目は失敗して前足を伸ばしたままズルズルと側溝に落ちてしまったのです、大丈夫かぁーと声をかけたら、今度は頑張って側溝から這い上がり、不器用に茂みに逃れて行きました。

カッワユイ!実はこの近くの山道でこの前はツキノワグマとあったのですが、その時は車から降りる気がしませんでした。でも、ニホンアナグマなら今度はもうちょっとゆっくり観察したいなぁ。

|

« チネチッタ | トップページ | 大正池のマガモ »

コメント

愛嬌のある顔だなぁ。
野生の動物なのによく撮れましたね。ビックリです。

投稿: 會津 | 2007年8月 2日 (木) 07時20分

會津 さん、おはようございます。

ニホンアナグマはチャンスさえあれば、結構近づける動物みたいです。
今回も、友達にはなれませんでしたが、いろいろな姿を見せてくれました。

投稿: kk | 2007年8月 2日 (木) 09時00分

珍しい遭遇です、よく撮れましたね。
僕はいつも心がけが悪くてチャンスに出会ってもおろおろするばかり。
熊本県の五家荘(ゴカノショウ=平家伝説の里)は国道と言っても
車が絶対離合できないところばかりですが夜中に車を走らせると
ムササビやタヌキが前をよぎります。
早朝になると雉やウズラがぞろぞろ子供連れて歩いたりしますが
1枚も写真に撮れません。

投稿: 610 | 2007年8月 2日 (木) 17時03分

このアナグマは、まだ子供なのかも知れません。
警戒感より好奇心の方が強かったみたいです。
だから撮れたのでしょう、結構余裕で楽しめました。

ムササビは一度見てみたいなぁ。
どこかの高木から、こちらは良く見られているのかも知れません。

投稿: kk | 2007年8月 3日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チネチッタ | トップページ | 大正池のマガモ »