« アンリ カルティエ ブレッソン展 | トップページ | スズランの木の花は上品な香り »

2007年7月22日 (日)

コガタスズメバチとの死闘

Img_8715_w1 Camera : Canon EOS 5D, Lens : Macro Planar 100mm F2.8 AEG

昨日ブッドレアに絡まったヤブガラシを取り除いて、ついでにブッドレアの剪定を行っていたところ、いきなり大型のハチに襲われました。幸い蚊よけのネットをかぶっていたので助かりましたが10m以上追ってきて、耳元で羽音が聞こえるうちは生きた心地がしませんでした。

このハチはコガタスズメバチ。スズメバチの中ではもっとも穏やかで危険が少ないとされますが、巣を木の枝に作るし、また巣を攻撃されたと思えば異常な執念で攻撃を仕掛けてきます。

今の時期は働きバチが羽化して巣の拡張を図っている時期です。ですから巣はまだ小さいものの危険は変りません。横浜市に連絡して駆除してもらうことも考えましたが、タダでさえウチの木が隣家に対して評判が良くない上、スズメバチまで湧かせたと知れたら騒動になりそうだったので自分で戦うことにしました。

戦法は単純、アースジェットを浴びせるだけです。アースジェットでスズメバチを殺虫できるかどうかはともかく一時的に気絶させることは出来るようです。こうして働きバチが消えたところで一気に巣を落とします。

後は、戻ってくるスズメバチに気をつけて片付けて完了。

せっかくだから落とした巣を観察しているとスズメバチが羽化してきました。こいつら生まれた時から凶悪な顔をしています。まだ幼虫のいわゆるハチノコはがさがさと口を鳴らして餌のおねだりをしています。

Img_8733_w1 このハチノコ達も生かしておくわけには行きませんから、食ってしまうことにしました。なるべく素材の味が生きるように素揚げにお塩でいただきましたが、油温が少々高くこんがりし過ぎた嫌いがあります。

お味はどうかというと、クセも無く普通に美味しいと思いました。が、自分を襲った奴らの味を確かめてみたい....なんてハンニバルの世界のようですねぇ。

|

« アンリ カルティエ ブレッソン展 | トップページ | スズランの木の花は上品な香り »

コメント

うわお,大変でしたね.
実家のミズキや姫林檎にオオスズメバチが飛来します.
蜜に集まるハナバチを狩るのです.相当大きなマルハナバチも,バキバキと強烈な音を立ててかみ砕かれてしまいます.こちらに向かってはこないし,営巣することもないのはわかっていても怖ろしい.
しかし幼虫を素揚げ,なるほどよく養蜂家から貰う佃煮よりも美味しそう.佃煮を貰ったら揚げてみよう.
しかしミツバチは餌が花粉と蜂蜜なのでいいのですが,スズメバチ類は樹液にも来ますが他の昆虫が餌で,時期によっては毛虫芋虫の類も幼虫に与えています.
消化管にそういうものが詰まっていると思うと私は毛虫嫌いなので心情的に....
イナゴを料理する時のように,しばらく絶食にして腸を空にしたらまだ行けそうですが....

投稿: lensmania | 2007年7月22日 (日) 15時48分

うわお,大変でしたね.
実家のミズキや姫林檎にオオスズメバチが飛来します.
蜜に集まるハナバチを狩るのです.相当大きなマルハナバチも,バキバキと強烈な音を立ててかみ砕かれてしまいます.こちらに向かってはこないし,営巣することもないのはわかっていても怖ろしい.
しかし幼虫を素揚げ,なるほどよく養蜂家から貰う佃煮よりも美味しそう.佃煮を貰ったら揚げてみよう.
しかしミツバチは餌が花粉と蜂蜜なのでいいのですが,スズメバチ類は樹液にも来ますが他の昆虫が餌で,時期によっては毛虫芋虫の類も幼虫に与えています.
消化管にそういうものが詰まっていると思うと私は毛虫嫌いなので心情的に....
イナゴを料理する時のように,しばらく絶食にして腸を空にしたらまだ行けそうですが....

投稿: lensmania | 2007年7月22日 (日) 15時48分

スズメバチの恐さは半端じゃ無いです。
本当にしつこく追いかけられます。

コガタスズメバチでこうですから秋口にオオスズメバチに遭ったらと
思うとぞっとします。

私はネ、そのままでは食べたくない毛虫が消化菅にあったらラッキー
かな、なんて思うのですヨ。ってちょっと感覚がおかしくなってきているかも。

投稿: kk | 2007年7月22日 (日) 21時33分

昨年は杏の樹の頂上にあしながスズメバチが巣を作り冬になって気がついたら空っぽでした。
今年は表の草花の間に巣を作り始めたので今度ばかりは共生を中止して殺虫剤でやっつけました。
戦時中、戦後の食糧難の時代にもイナゴなども食べたことはありませんので未だにそういった類のものは喰う気になりません。
と・・・アレ?でんでんむしを風呂の火で焼いて食ったし、隣の家にあった、魚釣りの餌にしたのか?舟虫を乾燥したものは香ばしくておいしかった。

投稿: 610 | 2007年7月22日 (日) 23時15分

610さん、今晩は

実は私も初めて食べました。
年をとってきたので、そろそろ色々な物を素直に受け入れて行こうと思い始めたのですね。

って、どこか違うかも知れませんが。

投稿: kk | 2007年7月22日 (日) 23時55分

国民学校1年生で終戦。
喰うものがありませんでした。
腐ったサツマイモや真黒なでんぷん、塩は岩石状の岩塩の配給。
カボチャの茎、サツマイモの葉っぱ(茎ではない)
それも満腹できる量にはとても足りませんでした。
学校で校長が「1日に大豆を12粒食べれば人間は生きていけます」と
訓示?していたのをぼろを纏って聞いたのを記憶しています。

ってそれは終戦翌年以降だ、
…終戦の年には学校は無くなっていて
寺や丘の上で戦前の教科書で勉強したのだ。

何を喰ってもつい美味しいと言ってしまうのですが
かぼちゃとサツマイモだけはつい最近まであの腐った苦さを
体が忘れかねて条件反射で身震いがしておりました。

投稿: 610 | 2007年7月23日 (月) 06時54分

私は戦後というのも遠くなった頃の生まれなので、戦争当時の話は
父母から聞くだけです。

ウチは田舎でしたから都会の人ほどの苦労は無かったと言いますが、双方とも10人兄弟だったので、食い扶持が多い分大変だったようです。

人の思考は、子供の頃の記憶がかなり大きく影響するらしく、父母は都会に居る私達の難儀を心配します。

都会の便利さと、裕福は平和のなせるわざですね。

投稿: kk | 2007年7月25日 (水) 22時03分

蒸し返して恐縮ですが,カマキリを狩ったときハリガネムシも一緒に給餌するんだろうかとか,そういえば寄生虫類も少なからずだろうなあとか.通勤中に連想して気分が悪くなってしまいました.熱加えてるから危険性はありませんが....すみませんm(__)mm(__)m

投稿: lensmania | 2007年7月27日 (金) 10時19分

蒸し返して恐縮ですが,カマキリを狩ったときハリガネムシも一緒に給餌するんだろうかとか,そういえば寄生虫類も少なからずだろうなあとか.通勤中に連想して気分が悪くなってしまいました.熱加えてるから危険性はありませんが....すみませんm(__)mm(__)m

投稿: lensmania | 2007年7月27日 (金) 10時19分

結構衝撃でしたか?

ttp://musikui.exblog.jp/

に書かれているようなレシピは私も無理ですが、黒スズメバチの
ハチノコは日本の伝統的昆虫食なので似たようなものと、挑戦してみました。

香ばしくて美味しかったですよ。

投稿: kk | 2007年7月27日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンリ カルティエ ブレッソン展 | トップページ | スズランの木の花は上品な香り »