« イングリッシュ ローズの故郷 | トップページ | 梅雨空の下で咲くモッコク »

2007年7月 1日 (日)

イブピアジュの切花

Img_8594_w Camera : canon EOS 5D, Lens : Macro Planar 100mm F2.8 AEG

昨日よく行く花屋さんを覗いてみたらイブピアジュの切花がバーゲンでした。思わず、あるもの全部と言って買い求めました。

これは、私の言って見たい台詞の一つです。花屋さんで、「xxの花をここにあるもの全部くれ」。大人のオトコとして理想的な花の買い方ですね。

今回はそれに近いことが出来た訳ですが、出費は600円でした。花が売れ残って痛んで来たことが原因ですが、イブピアジュはこれくらいの頃が一番綺麗だと思います。せいぜいもって三日ですが、その間存分に楽しみましょう。

私はイブピアジュは鉢花で育てているのですが、その株を見る限りコンパクトで切花に向くとは考えられません。おそらくツルバラの枝変わりがあって、それを使って切花栽培をしているのでしょう。

このバラはアンティークなテーストがあるので、切花でも本来は人気がありそうですが、今回はたまたま花が痛んでしまったのかも知れません。

いずれにしても、ドン曇の日曜日の慰めになってくれています。

|

« イングリッシュ ローズの故郷 | トップページ | 梅雨空の下で咲くモッコク »

コメント

豪勢なお買い物でしたねぇ。

パソコン入れ替えをしたのはいいのですがネットワークがうまく接続できずに貴家のメールアドレスを紛失したかもしれません。
無粋な話ですがAerial-Gをぼちぼちお送りいたします。
ご相談もありますのでメールをいただければ幸甚です。

投稿: 610 | 2007年7月 2日 (月) 10時43分

夢をかなえるためにキヨミズしました。ってね。

610さまメールを送りました。ってBlogを見る前に確認してますね。

投稿: kk | 2007年7月 2日 (月) 20時44分

かっこいいですねえ。
でも奥から100万本だしてこられたらどうします。

ハイキーな撮影も最高です。

投稿: lensmania | 2007年7月16日 (月) 00時52分

この描写がmacro planar 100mm AEGなのです。AMEだとこの状況ではフレアーは出ませんが輪郭を強調します。MPのAEJだともう少しフレアーがきつくなります。やわらかさの中に芯がつかめるようなそんな描写をするレンズですね。

投稿: kk | 2007年7月16日 (月) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イングリッシュ ローズの故郷 | トップページ | 梅雨空の下で咲くモッコク »