« 美瑛の丘 | トップページ | Cambo Wide 470 »

2007年7月15日 (日)

抜海の丘

Img_8636_w Camera : Canon EOS 5D, Lens : EF24-105 F4L

自分の中に、もの寂しいくらい何も無い夏の丘のイメージというテーマがあって、その光景を写真に撮りたいという希望があります。

乾いた風が吹き、草木は葉を裏返し小さなバッタは隠れ場を探す。青空は薄く、雲が白く輝く。寂しく弱弱しい夏の丘です。

何かの幼児体験があって、こんなイメージを探したいのかも知れません。

ただ、寂しそうな丘の景色なら、心当たりが在りました。北海道の抜海の丘。ここは昔、蒸気機関車が走っていた頃、線路を歩いても咎められなかった頃、歩いたことがありました。駅間がものすごく長く、歩くのは大変でしたが、列車も滅多に来ないし、一つ一つの丘に登るたびに違う角度から写真が撮れたので、当時は撮影のお立ち台だったのです。

今も宗谷本線の抜海と南稚内の間は、昔のままの丘陵を列車が走ります。ただもう線路を歩くことなど出来ませんから、道路から近い丘に登ります。この辺りの丘陵は何処に登っても寂しそうな丘の光景が見られるのです。

と、ここまで書いて、自分の幼児体験って、ただ単に、子供の頃蒸気機関車の写真を撮りたくて一人旅に出た時の(当時はこの程度で補導はされなかったのよ)記憶ではないかと思い始めたのですが...。まあどうでもいいか。

|

« 美瑛の丘 | トップページ | Cambo Wide 470 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美瑛の丘 | トップページ | Cambo Wide 470 »