« 抜海の丘 | トップページ | 本日のオバカ »

2007年7月16日 (月)

Cambo Wide 470

Img_8632_w Cambo wideというカメラは、レンズボードを通常の位置で左右に15mmスライドさせ、レンズボードの向きを縦位置に変えて上下に15mmスライドさせることが出来るようにした大判カメラです。

一方向へのスライドだけにレンズのあおりを限定することに割り切ることで手持ちの撮影を容易にしております。Cambo Wideに続く数字はレンズの焦点距離を表し、470が47mm、580が58mm、650が65mmのレンズであることを表しております。

レンズは交換出来ないのかという素朴な疑問が湧きますが、基本は出来ます。しかし、交換するといってもヘリコイドが付いているマウント毎の交換になります。そしてこのマウントに470,580,650という数字が付いていて、このレンズ付きマウントがこのカメラの実態であり、価格の大半であることを示しております。言い換えればレンズ付きマウントがカメラの本体で、それを受ける部分は手の込んだフイルムホルダーだと思えばよいのです。

一方向にしかレンズを同時にはスライド出来ないのが欠点と考えたのか、Camboはこの後継機種のWDSで上下左右に同時にシフト出来るように改良しました。しかし、このカメラ普通の人には縁遠い価格設定になりました。

Sa47xl2_w (Cambo Wide 470, Film : RDP3, 4x5、逆光での作例)私に言わせれば、このカメラはこの潔さが良かったので、大きく高価なカメラになってしまったWDSは全く魅力がありません。

もっとも、旧モデルのCambo Wideだってポピュラーなモデルでは無く、建築の写真を撮るプロカメラマンが主なユーザーだったことでしょう。幸い、このようなプロカメラマンがデジタルに移行してCambo Wideもポツポツと中古市場に出てきます。おそらく通常の程度で15万円前後。私もこのカメラを見つけた時は悩みました。でもあの時頑張ってよかったなぁ、と思っております。

Img_4470_w 2008年8月の状況です。センターNDを手に入れ、コシナのアングルファインダーに12mmのアタッチメントをつけてファインダーにしてます。あと、手持ちでもフイルムの交換がしやすいように紐をつけております。

Dscf2925_w Cambo SW470のSA47mmは後玉ガードが極小の設計になっております。写真はヘリコイドを繰り出した状況。右に見えるのは、普通のSA38mmの後玉ガード。

|

« 抜海の丘 | トップページ | 本日のオバカ »

コメント

素晴らしいカメラですね。単機能であるがゆえに有能。
私はシフト機能つきワイドカメラは、手持ち撮影においてプラウベル・プロシフトの右に出るものはないと思っていますが、レンズ性能と画角の点で若干不満なしとしません。
このカンボはXLがついて4x5なら文句ありませんね。
私は99%長辺方向縦位置ライズしかしませんので、複合あおりはなくても軽量なほうがありがたい。
今のところ生産中止になった馬男SW69の35mmつきを店頭で見かけると、いつも脂汗を流していますが、カンボが安価で出れば転ぶでしょう。

投稿: lensmania | 2007年7月16日 (月) 00時41分

SAとAGの違いはフイルムで言えばトライXとTmaxのようなものかなと思っております。
私はSAのほうが何となく懐が深いようで好きです。

投稿: kk | 2007年7月16日 (月) 01時16分

オイラの昨年の作品「ぐるっと回ってニャンコの目」はカンボの証明写真機のボデーを一部流用してシノゴ90mmでシフトは全方向に15mmまで、レンジファインダー付きですギョン。
作って試写してそれっきりですが。
http://192.168.2.29/handmaid/round_eie45html.html

投稿: 610 | 2007年7月17日 (火) 21時39分

ごめん、アドレス間違えました。

http://mutohide.ddo.jp/handmaid/round_eie45html.html

投稿: 610 | 2007年7月17日 (火) 21時41分

このカメラ、610さんの作品の中でも私は最も好きなカメラのうちの一つです。距離計まで連動するのだからすごい。

投稿: kk | 2007年7月17日 (火) 22時19分

このCamboWide 47XL私も所有してます、20年前に購入しましたがファインダーがない。新品なのにファインダー無し。だけど重い。多少レンズかマガジンに不満あり。一部分画像が流れる所あり。確かに便利ですけどこのカメラを知ってる人が少ない。あの重さを解決出来れば。構造がシンプルなので気に入ってます。ハッセルより使いやすい。

投稿: 写真狂 | 2008年8月29日 (金) 12時26分

写真狂さま、今晩は。コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

写真を追加しましたが、現在コシナのアングルファインダーに12mmのアタッチメントを付けて使っております。

本当は左右が長過ぎるのですが、脳内で調整しております。

投稿: kk | 2008年8月29日 (金) 20時55分

( ^ω^ )カンボ wideの47XLスーパ^-アンギュロンの6x7だけが手元に残ってます。ライカハッセル、ローライは全て処分。ワイドはカンボでフィルム撮影、他は
デジタルで。
デジタル以来写真方向が変わりました。

投稿: 写真狂 | 2011年7月12日 (火) 09時36分

sun
このカンボ使用してる人見たこと無いです。嬉しいですね。

投稿: 写真狂 | 2011年7月12日 (火) 09時38分

写真狂 さま今晩は

このカンボ使い易いですよ。47mmだから目測でも問題ないし。
水平さえ気をつければ、手持ちで気軽に撮れます。

一時期、センターNDフィルターを使っておりましたが、無いほうが好みだと解ったので、露出もそのままで、使ってます。

投稿: kk | 2011年7月12日 (火) 20時51分

sun実に丈夫なカメラですね、一度だけネット上でハンドグリップを木製に作り変えた人を見かけました。
贅沢を言えばもう少し軽ければ楽ですね。

投稿: 写真狂 | 2011年7月12日 (火) 22時36分

写真狂 さま今晩は

十分手持ちが可能なカメラですが、ハンドグリップを木製にして手になじむようにしたら、もっと楽に撮影ができるでしょうね。

投稿: kk | 2011年7月13日 (水) 21時30分

最近1950年代の6x6のスプリングカメラを入手、しかも2台です。程度は上。ベルリンのUS占領地区で製造と刻印あり。之は見っけ物と二台も購入。写りは3流です。3枚玉でフォクトレンダーと違い悪い。だが調べるとヨーロッパアメリカでは愛用者居るほうです。私向きのカメラではありません、折角特注のかぶせ方フィルターまで購入。今は乾燥箱の肥やし。勿体無いですね。
知ってますか?
Franka solida 1

投稿: 写真狂 | 2011年7月21日 (木) 20時31分

写真狂 さま今晩は

Frankaって聞いたことありますよ。
普及品のカメラを作っていたものと思われます。

光学会社ではなかったハズなので、気合が入ったレンズは無かったと思われます。

投稿: kk | 2011年7月21日 (木) 22時08分

私も年ですから好きな人に所有してもらいたい嫌いでなければお譲りしますよ。
写真は撮りたし時間が無いカメラを鞄に掘り込んでヨイショと担げばギクッツと腰に来る、体力落ちの気が焦り~~~の叔父さんで~~す。
当時のカメラは実に独創的で面白い。写る保障が無いのが良い。 だがフォクトレンダーだけは写る。それにアメリカのメダリストは実に移りますね。欲しい、だけどデジタルでないと体力持たない。

投稿: 写真狂 | 2011年7月22日 (金) 14時49分

写真狂 さま今晩は

ありがとうございます。
これ、日本製の4畳半スプリングカメラだったら喜んで譲っていただいたのですが、
海外モノまで使う余裕がありません(^-^;

私も、デジカメが中心になって、白黒写真は意図的に使うだけになりましたので、責任範囲?を絞ってきております。

せっかくのご好意なのですが、申し訳ありません。

投稿: kk | 2011年7月22日 (金) 22時48分

heartいえいえ、結構ですよ、デジタルに慣れるとどうも昔のフィルム写真の後処理が面倒ですね、私も現役時代(通信社)散々苦労しました。いまのデジタルはエアコンの効いた部屋でコーヒー飲みながらが現実になりました。今は集めたフィルムカメラをネットで知り合った仲間に流してます。周りに写真興味有る若い子が居ない。子供はダメですよ、こねくり回してポイですから。
少々の不満の写りでも最近は良いソフトが有るので助かります。貴方様の作品見てるとウキウキしますけどカメラマンは体が勝負。御気おつけてください。

投稿: 写真狂 | 2011年7月23日 (土) 14時49分

はじめまして。この47mmのカメラに38mmを画策しています。cambo scなどの平レンズボードはつきますか?
中古で安く購入し、今ある47mmXLに交換式で、ヘリコイド付きのリンホフボードを付けるつもりです。
38mmの自作カメラもすばらしいですね。刺激を受けて色々と頑張ってみるつもりです。ご教授下さい。

投稿: sin | 2011年10月 6日 (木) 23時38分

Sin さま今晩は

このカメラに38mmは難しいと思います。

何故なら、このカメラの47mmXLは加工されたもので、後玉の直径が短くなっております。こんなカメラでも全てのパーツは専用のもので、レンズ1つとっても普通の47mmXLでは使えないのです。

カメラボディのフロント側にはその小ぶりな後玉に対応し、シフトの長さに対応した、長方形の切り抜きがあるのですが、そのシフトと関係ない短辺は38mmXLの後玉より短いのです。

つまり、38mmXLのレンズをボディ側に繰り出しフランジバックをあわせることが出来ません。

もしやるとすれば、レンズマウント部分の作り変えですが、それはこのカメラの場合、カメラを作り変えるのと同じ労力が必要です。

投稿: kk | 2011年10月 7日 (金) 21時08分

早速のお返事ありがとうございます。
今、47mmを眺めながら、いろいろと見つめ直して、感心しております。
つまり、こういう事でしょうか。
・この47mmは普通の47mmXLとは違う。
・長方形の切り抜きは私のものにはありませんでした。cambowide47mmXLには何種類かあるのでしょうね。
・短辺とはなんでしょうか。

いずれにせよ、愚問だったようです。
大変失礼いたしました。
すこし整理して、考えてみます。
このような戯言にお付き合いくださりありがとうございました。

投稿: sin | 2011年10月 8日 (土) 01時08分

Sin さまおはようございます

文章だと解りにくいですね。そこで写真をのっけてみました。
これはヘリコイドを繰り出した状況で、レンズが下がっております。CamboのSA47mmの後玉ガードは小さく、普通のSA38mmのそれより小さいくらいです。
この状況でレンズユニットは左右にシフトするので、見える切抜きは横の長さが長い長方形です。

投稿: kk | 2011年10月 8日 (土) 11時13分

なるほど。そのことでしたか。
47のボードはそのままにしておきますが、ボード交換で、38mm用のボードを作ってみるつもりです。
同じく香港のヘリコイド付き0番ボードを買いました。うまくいけばまた報告します。

投稿: sin | 2011年10月 8日 (土) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抜海の丘 | トップページ | 本日のオバカ »