« ファレノプシスに良い香りを探す | トップページ | セッコク交配デンドロビウム »

2007年5月26日 (土)

Planar 2/110 F vs Planar 2/110 FE

Img_8232_w 写真のレンズの左がPlanar 110mm F2のFレンズ、右がPlanar 110mm F2のFEレンズです。

両方ともHasselbladのフォーカルプレンシャッター機用のレンズですが、右のレンズは電気接点を追加されたFEレンズです。写真を見ると電機接点意外にも内面反射を防止するガードがマウントまで伸びています。Fレンズの方は、マウントが斜めにカットされ内面反射のガードは斜めにマウントと接しています。

一見、内面反射対策が強化されたようにも思いますが、見方を変えればコストカットで部材の厚みを押さえ、細かな細工を減らした結果のようにも思えます。

また、この写真では解りませんが、FEレンズはレンズの後玉を二枚張り合わせにして内面反射を軽減させるマイナーチェンジが入っているそうです。

ただ、このマイナーチェンジによって画像がのっぺりして立体感が薄れたという意見もあります。

P110mmf2f_w_1 P110mmf2fe_w 上の写真がFレンズ、下の写真がFEレンズです。二枚の作例は室内の自然光で三脚を使って撮影したものです、絞りはF2.8、シャッター速度は1/30フイルムはRVPF。ほとんど同じで違いはあるような、ないような。原版を見た感じでは、FEのほうがクリアー感が強く、Fのほうがコッテリ感が強い気がします。

一時期Fレンズは冷遇されて格安だったこともあって、FレンズとFEレンズを両方持ってしまいましたが、私はどちらも大切に使って行くと思います。同じようなものかも知れませんが、感覚的に、これにはF、これにはFEと区別があるのです。

|

« ファレノプシスに良い香りを探す | トップページ | セッコク交配デンドロビウム »

コメント

はじめましてこんにちは、いつも拝見させていただいています。
中判さんの方にコメントしようかと思いましたが、違いがないとの流れに反するのも、
どうかと思いやめときました。
私見ですが、右下の香水ビンのボケに違いがあると思います。
Fは芯があり、なにがぼけたか判別でき、FEはフワーッと綿菓子のようにボケてると見ました。色的にもおっしゃる通りだと思います。Cプラナー100mmのノンT、T★にも同じような傾向があると思います。ここぞと言う時、コストの掛かったタイプが面白いかもしれませんね。残念ながらF系には手がでません。ご縁があればっと。

投稿: フォコマート2C | 2007年5月26日 (土) 14時14分

はじめまして!!
日頃この2本のレンズの描写の違いが気になっていたので大変参考になりました
私のイメージではFE系のレンズはピント面の立ち上がりがスッと立ち上がっているのに対してF系のレンズはその立ち上がり方がもっと緩やかな感じに見えるのですがそんな事がこの2本のレンズにもいえるのでしょうか
私はどちらかというとFレンズが好きなんですがこの110mmは薄いピント面が使いこなせるか気になって二の足を踏んでいます
ハッセルのプリズムファインダーは倍率が低いのでピントの山をつかむのが難しいと思うのですが高倍率の折りたたみ式のウェストレベルファインダーならその辺は大丈夫しょうかね

投稿: mukunohige | 2007年5月26日 (土) 19時10分

はじめまして、フォコマート2Cさん、mukunohigeさん。
実は...「王様の耳はロバの耳」風に言わせてもらうと、私はFの方が好きです。
FからFEにかけてマイナーチェンジした内容は、最終の玉を張り合わせにして全面で均一の像になるようにしたとのことでしたが、反面、コントラストは低下したように思います。
後方にあるガラス瓶はいい例で、Fレンズでは光の明暗で像の形を表すのにFEは無理に解像しようとしているように思います。

110mmは当初、中心は鬼のような解像力だけど、エッジがストンと落ちる、と欠点のように言われましたが、誰もこのレンズで製版することなど考える訳無いので、これで良かったのだと思います。
コントラストを落として、均一性を上げる必要など無かったのです。

合焦点はキメ細かく解像し、アウトフォーカスはコントラストで見せてくれたほうが好きです。

そんなことで、私のこのレンズに関する標準絞りはF2.8です。この絞りだと合焦点は素晴らしいキレを見せてくれるし、ピント面も少しは厚いですから。

投稿: kk | 2007年5月26日 (土) 22時18分

uyeqbmpx pzro luxwzoht elrv ekqbowj ngwzstphb tzre

投稿: scpa eyuxvdgl | 2007年6月15日 (金) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファレノプシスに良い香りを探す | トップページ | セッコク交配デンドロビウム »