« PCS-Arsat 55mm F4.5 | トップページ | ネギに葱坊主 »

2007年5月20日 (日)

PCS Arsat 55mm F4.5 for Pentax 67

Pcsa55r4_w Camera : Pentax 67, Lens : PCS-Arsat 55mm F4.5, Film : T-max400

先週、シコシコと夜中に作業していたPCS-Arsat 55mmレンズのPentax67マウントはとりあえず完成しました。

Img_8151_w 難しいことは出来ないのでリンホフボードを途中に挟んでシフトをさせることにしたのです。よくリンホフボードにレンズをつける時、センターを出すのに苦労しますね。今回はその逆で、リンホフボードにレンズを付ける時にシフトさせてしまおうと思ったのです。

PCS-Arsatはバックフォーカスが長いといっても、Pentax67もフランジバックが長いので、工作の余裕は少ないのです。旋盤を使えて、充分な技術があれば、このレンズのシフトマウントの連結部分を削り出してPentax67マウントにすれば、一番確実に出来ると予想します。

Img_8140_w (最大ライズした時の状況を裏側から)

残念なことに私は旋盤を使えないので、地道にジャンクボックスから使えそうなパーツを探して、切ったり、削ったり、貼ったりしての作業です。

しかし、出来上がったマウントは使い勝手は最悪でした。シフトをする度にリンホフボードにレンズを止めるリングを緩め、レンズをずらし、止める、リンホフボードをカメラにマウントする。これを繰り返します。シフトが可能な量も上下左右とも中心から5mm程度。12mmもシフト出来たオリジナルと比べようもありません。

それでも、6x7の55mmでシフト出来ることは、いいなあ。もう少し工夫して、使いやすくなれば、最も好きなレンズのうちの一本になるでしょう。

Pcsa55r_w 最大ライズ

Pcsa55d_w 最大ダウン

|

« PCS-Arsat 55mm F4.5 | トップページ | ネギに葱坊主 »

コメント

ペンタックス67にペンタコンレンズをあてがってみましたがフランジバックはぎりぎりですね。
ペンタ67のバヨネット基部を取り払わないといけないようですがどうされました?
ペンタコンのレンズはたくさんあったのですがボデーに恵まれずレンズも1本しか残っていないようです。

投稿: 610 | 2007年5月20日 (日) 09時35分

610さん、おはようございます。
この作業を行っている間、610さんならどうするかなぁーと考えておりました。

Pentax67にレンズをくっつける時は49mmのリバースマウントが便利です。これだとボディ側マウントの内径を最大限に使えて、出っ張りも最小ですみます。今回はリトリック?のリンホフボード変換アダプターに接着したので、レンズマウント側を塗装ごと平らに削ってアルミのむき出しにしてしまいました。

もちろん、49mmのレンズ受けマウントは裏側から外側の4本のネジをドリルで潰して外します。

先ほど、ペンタコンシックスのビオメーターをあてがってみましたが、この49mmリバースアダプターにマウントがすっぽり入ります。でも無限は来ない感じでした。

裏側からみた写真を一枚追加しておきますね。

投稿: kk | 2007年5月20日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCS-Arsat 55mm F4.5 | トップページ | ネギに葱坊主 »