« ハウステンボスは美しいと思います | トップページ | ベビーパール、子泣きじじい説 »

2007年4月13日 (金)

ベビーパールで直角三角形を考える

Img_7311_w Img_7327_w 昔、算数の問題で辺の長さが3cm,4cm,5cmの直角三角形が良く出てきました。直角三角形の斜辺の長さの二乗が底辺の二乗と高さの二乗の和に等しいことから、この数字だと辺の長さが全部整数になるからなのでしょう。

で、何かというと、ベビーパールのフイルムサイズが横3cm、縦4cm、レンズの焦点距離が5cm、教科書どおり、フイルムサイズの両辺の二乗の和の平方根という標準レンズをつけています。まさしくあの直角三角形の図式です。

で、それがどうした?と言われると、ただそれだけ、であります。

それだけのネタでBlogを更新するの?と言われると、その通りであります。

使用感とか作例は、またの機会に。

|

« ハウステンボスは美しいと思います | トップページ | ベビーパール、子泣きじじい説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハウステンボスは美しいと思います | トップページ | ベビーパール、子泣きじじい説 »