« Bessa II、デジタル時代の新兵器 | トップページ | マダム・ピエール・オジュ (Mme. Pierre Oger)は枯れない »

2007年1月16日 (火)

オンシジウム ケイロホルムの不思議な香り

Onc_w Camera : Pentax645, Lens : Makro Kilar 90mmF2.8, Flim : RVP

昔、花の持ついろいろな香りに興味を持ち始めた頃、オンシジウム ケイロホルム(Oncidium cheirophorum )には、強い芳香があると知って、蘭の専門店を探して恐る恐る電話をしたことがありました。蘭という植物はたいそうなもので、私のような一般人が近寄ってはならないものと思っていたのです。

その翌年、ホームセンターで小鉢で安く売られているケイロホルムを見つけ、堂々と買って持ち帰ることができました。今は、もっと当たり前に売られていて、時期がすぎると処分品の棚にも大量にならんでいたりします。

それは、その前のシーズンにそこそこ売れたからで、その理由として想像されるのは、黄色の蝋質の小花がかわいい、良い香りがする、小さく場所をとらない、土ではなくバークかミズゴケに植えられているので室内に置きやすい、低温に強くて育てや安い、花がクリアーで濃い黄色なので、金運UPが期待できるかも知れない。といったところでしょうか。

この花の香りは、強い芳香といっても気に入らない人もいるかもしれません。こっちを向けと主張します。この花の蜜の味はしりませんが、この香りはそれと関係しているかもしてません。妙に甘く、艶かしく、命の息吹を感じさせる香りです。

私個人は、この花の香りが結構好きです。この花の香りにつられて、花に振り向き寄って行きます。この花の香りが誘う、何かの昆虫と同じ嗜好を持っているのかもしれません。

|

« Bessa II、デジタル時代の新兵器 | トップページ | マダム・ピエール・オジュ (Mme. Pierre Oger)は枯れない »

コメント

今年、私が買い求めたオンシジュームのトウィンクルもこのケロフィルムが片親なのか、オ-ニソリンカムの選別種なのか、
ピンク色で甘い香りがしています。もう少し大きなオドントグロッサムとの交配種はチョコレ-トのような香りがするものもあります。冬場は蘭の季節ですね、紫色したジゴペタラムも香りがするのですが、こちらは、かなりきついツンとした香りでした。

投稿: こう | 2007年1月16日 (火) 22時53分

トゥインクルってオーニソリンカムとケイロホルムの子供だったような。
トゥインクルの中にもいろいろな種類があるみたいですが。香りが良く可愛らしい品種ですね。

投稿: kk | 2007年1月17日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bessa II、デジタル時代の新兵器 | トップページ | マダム・ピエール・オジュ (Mme. Pierre Oger)は枯れない »