« Pentacon Six system | トップページ | ダブル デライトは二重の喜び »

2007年1月 9日 (火)

幸福の黄色いジュリアン

Jyurian_w Camera :Pentax645, Lens : Pentax67 MacroPentax 100mmF4, Film :RVP

プリムラのジュリアンという小型の品種で黄色の花には香りを持つものがあります。ジュリアンは冬から春にかけてホームセンターなどで、大量に売られていますが黄色の花のものを一つ一つ香りをチェックして行くとフリージアと菜の花を混ぜたような香りをもつものを探すことができます。

この花は実生で繁殖されているのでしょうが、黄色の花の原種の一つに香りがあったのか、不思議に黄色の花に香りが現れるようです。

ところで、同じような花にプリムラ ポリアンサというものがあって、紛らわしいのですが、おそらくこちらにも香りを持つものがあるでしょう。

何故なら、プリムラ ジュリアンはポリアンサに原種のジュリアナを交配させて日本で生まれた品種。その交配親であるポリアンサも数々の原種を掛け合せて小型化を目指して欧州を中心に選抜されてきた品種です。それが、実生で繁殖されるわけですから、香りの血はどこにどう出ても不思議は無い。と思うのですが、どうでしょう。

ジュリアンは花の少ない季節に可愛らしい花を長く咲かせるので、小鉢で窓辺に置くと長く香りも楽しめます。もっとも、爽やかなフリージアのような香りに混じる菜の花のような香りをどう評価するか、によりますが。菜の花の香りには「生き物の生活臭」を感じてしまう場合があり、室内では邪魔になることもあるからです。

外に地植えしてあげると、暖かい日にはほんわりと香りが辺りに漂います。この時に感じる香りは、待ちわびた春の到来を喜ぶ香りに思われます。この香りが生命力溢れる幸せな春を運んできてくれるのです。

本来は宿根草ですが、この花は夏の暑さに弱く、夏になると融けるように枯れ、根ごと抜かれて夏の草花に場所を空けることとなります。暖地では1年草と思って、毎年新しい苗を求めた方が、楽しみも増えるのではないでしょうか。

|

« Pentacon Six system | トップページ | ダブル デライトは二重の喜び »

コメント

確かに黄色のジュリアンは甘い香りがしますね。
私も感じていました。
他にも、チューリップやダッチアイリスも他の色よりも黄色のものがよく香ると思いますがいかがですか?
プリムラでは、メラコイデスも良く香ると思うのですが、、、
後、柊南天の花も目立たないけど甘い香りがすると思います。
他の皆さんはどうなのでしょうか、香りは人によって感じ方がかなり違っているようですから、私には夏に咲く貝殻サルビア(モルセラ)は不快な匂いですが、人によってはミントのようないい香りといいます。不思議です。

投稿: こう | 2007年1月10日 (水) 18時09分

確かに黄色の花に良い香りがあるものが多いですね。

春先に咲く花に黄色の花が多いのは、この頃活動する昆虫にアピールする為だということは何かの本で見ましたが、花の色と香りの関係はどうなっているのでしょうね、興味深いです。

プリムラメラコイデスの香りは、どことなく上品で私も大好きです。

投稿: kk | 2007年1月10日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pentacon Six system | トップページ | ダブル デライトは二重の喜び »