« ドフトボルケは私の一番 | トップページ | イランイランの香りが漂う夜に、妖しい夢を見る »

2006年11月 9日 (木)

ハイブリッドのブバルディアにBouvardia longifloraの面影を探す毎日

Bubaldia_w Camera : Pentax645, Lens: SMC Pentax Macro 100mmF4 for 6x7, Film : RVPF

もし許されるなら、もう一度やり直したい。毎年秋が深まるにつれ、何年も前の、ブバルディと一緒だった短い秋を思い出します。ブバルディアといってもスイートブバルディア(Bouvardia longiflora)のことですが....。

行きつけのホームセンターの店頭に、ブバルディアとして鉢花が並んでいるのを見た時、それがスイートブバルディア(Bouvardia longiflora)であることに私はすぐ気がつきました。図鑑でしか見たことがなかったものの、花の形がよく見るブバルディアと明らかに違います。即座に2鉢購入し抑えをいれて、夕方に香りを確認してからまた現れ、3鉢追加しました。

それからというもの、毎夜毎夜家に帰るとスイートブバルディアの鉢をテーブルに並べて、花と香りを楽しみながらこの植物を観察して個体を維持する方法を考えました。

まず、この植物はみるからに耐寒性が強くなさそうです。また根が細く密集していることから、根腐れを簡単に起こすでしょう。しかし、これらの鉢花は挿し木で増やされたものに見えるので、いざとなったら挿し木が出来そうです。

それらのことを確認しながら育てたのですが、この植物は花後に切り戻してやると面白いようにまた花芽を付けて開花します。いつのまにか個体を維持する努力より、どうやって長く開花させるかに目標は切り替わってしまいました。5株もあればそのうち2株は開花をあきらめて、薬品を散布すればよかったのです。結果的に5株ともハダニの被害が出て、ハダニの被害を防ぐため葉に霧吹きで水をかけてあげたのですが、今度は葉に病気が出て、すべてが枯れてしまいました。

私が見たスイートブバルディアは、園芸専門店でも、通信販売でも、植物園でもこれが最後です。あれからは見ておりません。理由はいくつか考えられるのですが、まず何よりも育てにくいことだと思います。また、ブバルディアは交配が進んでいて、各種の花色、切花用、八重の花等の品種がどんどん出てきており、園芸農家もそのような観賞価値が高いハイブリッドの新品種を育てたほうが市場価値が高いこともあるでしょう。

それは、あの時から解っていたことでした。だからこそ何とかして種を維持したかったのです。それが一時の欲に負けて失敗したのでした。

ところで、毎夜毎夜、テーブルに並べては頬杖をついて眺めて楽しんだスイートブバルディアの香りはどんな香りかというと、マダガスカルジャスミンに代表される何とかジャスミンの香りに似たものです。ただこのタイプの香りのなかで一番上品なバランスをもっていて、また花の大きさの割りに強い香りです。

写真はハイブリッドのブバルディアです。実はこのようなハイブリッドにもBouvardia longifloraの血は混じっていて、香りを少しだけど持つものもあります。私はこのようなハイブリッドのブバルディを見つけては、Bouvardia longifloraの面影を探す今日この頃なのです。

|

« ドフトボルケは私の一番 | トップページ | イランイランの香りが漂う夜に、妖しい夢を見る »

コメント

切花なら白王冠という品種で、まだ残っていると思います。
写真のより大きい花で厚みがありもっとまばらにしか着かず、
全体がツルリとした感じです。
微かには香るということは知っていても、夜間に香るとは知りませんでした。

投稿: こう | 2006年11月 9日 (木) 20時29分

ブバルディア・・・今、わたしの目の前にとても良い香りをさせて白い花を咲かせています。
「ブバルディア・ロイヤルダフネスープリーム」という
先週買ったばかりの「豊明花き株式会社」のものです。
お探しのものか、わかりませんがジャスミンに似た、
それでいていやみのない素敵な香りです。
思いの深さが伝わり、メールを差し上げました。

投稿: | 2012年12月 6日 (木) 23時21分

お名前は解りませんが、今晩は

実は、写真の花、花期の終わりでしけた開花になっておりますが、ブバルディア・ロイヤルダフネなんです。白だから、スープリームかな。

その、ブバルディア・ロイヤルダフネスープリームの香りにあのスィートブバルディアの香りの遺伝子を感じます。ジャスミンに似ているけどもっと上品な香りでしょ。

思いだしたら欲しくなりました。探してこようかな。

投稿: kk | 2012年12月 7日 (金) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドフトボルケは私の一番 | トップページ | イランイランの香りが漂う夜に、妖しい夢を見る »