« ベトナムの香りの良い花、ほんの一部ですが | トップページ | チョウセンアサガオに誤解も多いが、毒があるのは同じ事 »

2006年10月17日 (火)

ジンジャーリリーの花は純白に美しく香る

Ginger Camera : Rolleiflex SL66, Lens : Kinoptik Paris 100mm F2, Film : RVP

旅先でジンジャーリリー(ジンジャー)の切花を楽しんでいたのに乗じて、ジンジャーリリーの話を少し。一般的にはジンジャーと呼ばれる花ですが、食物の生姜とは違う植物なので、ショウガ科ヘディキウム属のこの花を、別名の一つであるジンジャーリリーとここで呼びます。

前に住んでいた古い家の片隅にはミョウガが生えていて、シーズンには親戚の人がそれを採りに来ていました。私は出来ればその場所に花を植えたかったのですが、親戚がミョウガを楽しみにしているので、ミョウガを切る訳にはゆかず、仕方が無いとあきらめておりました。

ところが、ジンジャーリリーの球根が売られているのを見つけ、大喜びで、ミョウガの群の中に埋めました。

こうして、ジンジャーリリーは弱小の時にはミョウガに隠れ、やがてめきめきと成長しミョウガを押しのけ立派な花を咲かせて見せたのでした。

花が咲いてしまえば、美しい花だし、爽やかで素晴らしい香りもあるので、この「風変わりなミョウガ」は誰からも大切にされ、市民権を得たのでした。

もちろん、この花とミョウガの花は間違えようが無いのですが、ジンジャーリリーの花も食べることが出来ます。少し辛みがあるのですが、あの爽やかな香りがつーんと鼻を通ります。砂糖漬けか梅酒のようにジンジャー酒ができるかも知れません。

花は短日性なので横浜では9月がピークですが、ベトナムでは今がシーズンでした。またこちらの花は切花にすると水揚げが今ひとつなような気がしていたのですが、ベトナムでは充分水を吸い上げ立派な花を見せてくれました。ダイナミックに根元から切花にすることがコツなのかも知れません。

|

« ベトナムの香りの良い花、ほんの一部ですが | トップページ | チョウセンアサガオに誤解も多いが、毒があるのは同じ事 »

コメント

今年咲いた我が家のジンジャーは薄いオレンジでした。
花がゴ-ジャスでランのようなので、好きな花のひとつです。
この時期、サフランなんかも買って植えたりしましたが、最近は、球根を売ってるところが少ないようなのですが、人気がないのでしょうか?、、、、

投稿: こう | 2006年10月18日 (水) 17時38分

私のところのジンジャーはまだ咲いていて、
明日あたりから開花するものもありそうです。

投稿: staka | 2006年10月20日 (金) 16時13分

私がよく行く花屋さんで、オレンジ色のジンジャーがフラワーアレンジに使われていて、「オレンジのジンジャーが入るなら欲しいなぁー」とお願いしましたが、「アレンジ用にしか入らない」とのことで、残念でした。庭であの花が咲くのは、いいなぁー。

Staka 様
素晴らしいお写真は拝見しつつ、また棲息域も同じということでニアミスをしていると思われます。でも私は絵になるようなところにはほとんど行かないのでニアミスもしていないかも。
写真展にも行きたいと思いつつ、あのあたりも横浜に居なくて残念でした。

ジンジャーが咲いている。羨ましい。新しい家に引越ししてからジンジャーが無いのです。

投稿: kk | 2006年10月21日 (土) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベトナムの香りの良い花、ほんの一部ですが | トップページ | チョウセンアサガオに誤解も多いが、毒があるのは同じ事 »