« ハマユウは南国の海に真夏を招く | トップページ | ヤマユリはユリの女王様 »

2006年8月10日 (木)

チュベローズは危険な楽しみ

Img_8217_w Camera : Canon 5D Lens : Ultron 50mm F1.8

チュベローズの花言葉は「危険な楽しみ」。何か思わせぶりな花言葉ではありますが、少なくてもこの球根を育てて花を咲かせようとする人や、切花を活けようとする人には失敗するという危険が付きまとうことは間違いありません。

私も球根栽培では、ほぼ完全に開花させることが出来るようになったものの、この前、安価だったので大量に買い入れた切花は水揚げに失敗して、ポロポロと蕾が落ちてしまいました。台風一過の美しい月を見るにつけ、水揚げに成功していれば大きな花瓶に満載のチュベローズを月明かりで撮影することができたと思うと無念でなりません。月夜に映える月下香(チュベローズ)の絵は、どうしても欲しいのでまたの機会を待つことにします。

月光を浴びて咲く花の写真を撮りたいのは、この花の日本語名が月下香ということだけでなく、この花の香りと容姿が月光のもとで輝く姿に合致しているからです。

花は純白の蝋質で艶があり、しっとりとして、きめ細かで滑らかな花びらです。また、その香りは高級で神秘的、奥深さがあり妖艶です。

この花の姿と香りは、月夜の晩に、色白で聡明な美女が、妖艶なオーラを出しながら、自らは罪が無く、孤高にたたずんでいるような、そんな印象です。

花言葉の「危険な楽しみ」も妖艶な感じのする香りから来ているものと思われますが、また一方で、決して俗に落ちることが無い高潔感もこの花の香りにはあります。

Img_8103_w <PS>この花は戸外で咲かせるとスリップスの被害が酷いので、家の中に入れてあげます。表題の写真は雨の日の室内での撮影です。室内に入れる前の屋外での写真を左に追加します。Canon5D,EF100-400mmで撮って、トリミングしてあります。また、花の名前の表記もチェベローズ、チュベローズ、チューベローズとあるようで、当初チェベローズと表記していましたがチュベローズに改めます。一番のメジャーはチューベローズのようなのですが、 チューには抵抗があります、正式にはPolianthes tuberosaです。

|

« ハマユウは南国の海に真夏を招く | トップページ | ヤマユリはユリの女王様 »

コメント

こんにちは。

いつも思うのですが、写真も素晴らしいけれど、言葉で花の姿や香りを描く見事さ、特に今日、チューベローズの香りを訪ねに来て、本当に素晴らしいなと思いました。

こんな女性になれたらなりたいです。百パーセント無理なんですが、憧れます。(^-^)

さてさて、チューベローズを訪ねて参りましたのは、理由がありまして、フリージアの香りと似たところがあるでしょうか。

フレグランスキャンドルを友達に送りたくて、パルファムニコライと言うブランドの輸入店に問い合わせをしましたら、友達の好きなフリージアと似た香りですよと、チューベローズを勧めて頂きました。

フリージアには、妖艶さより、無邪気な明るさを感じます。

ですが、似ているとも言えるような。

アドバイスを頂けたら、何よりです。

宜しくお願いします。

投稿: ノラ猫迷い猫 | 2011年10月23日 (日) 15時27分

ノラ猫迷い猫 さま今晩は

今、手元にチューベローズのエッセンシャルオイルがありますが、その香りは甘く重くウッディーなものです。このタイプの花は基本的にアブソリュートという有機溶媒による香りの抽出なのですが、おそらくフリージアも同じ方法になるでしょう。

そして、その予想されるエッセンシャルオイルの香りはこの香りとかなり近くなると思います。フリージアのエッセンシャルオイルはかなり入手が難しいので、私は実物を体験したわけでは無いのですが、なんとなくそう思います。

ただ、双方とも生花の香りとは違います。おそらくアブソリュートだと、花の香りのトップノートというか、第一印象の香りが消えてしまうからだと思います。

フリージアの香りに「無邪気な明るさ」を感じるのは、トップノートにスパイシーな隠し味があるからだと思います。近い香りは粒の黒胡椒。若々しく爽やかで「無邪気な明るさ」がありますね。

一方、チューベローズのトップノートは、つるつるした滑らかさを伴った一種の青っぽさ。青いみかんとかレモンをこすった時に感じる香りに近い香りが隠し味になります。

もし、チューベローズに近い香りを私が合成するとすれば、ウッディー系と、甘い花香系を混合して、ネロリを少し加えると思います。

投稿: kk | 2011年10月23日 (日) 19時52分

ありがとうございました。

花好き、香り好きなので、こちらのお話がとても楽しいです。

一種類を活けるという形も好きです。

私は匂いに誘われて、お花を発見したりします。

山茶花は、葉も香るのでびっくりしたことがあります。

勉強不足で、恥ずかしいのですが、また、教えて下さいませ。

ありがとうございました。

投稿: 感謝のノラ猫 | 2011年10月23日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマユウは南国の海に真夏を招く | トップページ | ヤマユリはユリの女王様 »