« クチナシにまつわる遠い思い出 | トップページ | ラベンダーでタイムトラベル »

2006年8月 2日 (水)

旅にはデジカメで決まりかも

Img_8758_w Camera : Canon5D, Lens : EF24-105mm F4 L

先日夏休みを利用して北海道にちょこっと行ってきました。北海道なら道内を夜行列車も走っているので、宿泊先を確保しなくても気軽に行けるのではと、いい加減に考えて出発したのですが、やはりいい加減で、特別な事は何もしませんでした。

ただ単に一日いっぱい汽車に乗っていただけです。私は鉄道趣味もあって、汽車に乗って車窓を眺めていればそれで幸せなのです。

鉄道での移動なので、カメラは軽量化を考えてCanon5D, Canon20D,Hasselblad500CM、レンズはEF24-105mmF4、EF100-400mmF4.5-5.6、Zuiko21mmF3.5、Planar100mmF3.5を携行しました。

カメラをパッキングしながら、「自分も随分おとなしくなったなぁ、大人になったなぁ」と感慨深かったのですが、これまで一般的だったのがPentax67、Pentax645のボディーと、67用の300mm、165mm、75mm、645用の35mmとコンパクトデジカメというセットだったのです。

ただ、今回思ったのはこの大人セットでさえ、大げさでした。極端な話5DとEF24-105mmだけでも充分で、かえってあまり使わないカメラのせいで行動が制約されたような気がします。なにせ、重いですから。

今まで、ある程度画質にこだわってきたので中判カメラを携行したのですが、最新のデジタル一眼は、望遠、接写、弱光線、ミックス光源の状況では中判カメラ以上の結果を出す場合が多いのです。撮影の安易さから言っても、もうデジタル一眼だけで良いかも知れません。

写真は、厚岸~糸魚沢の車窓から撮ったものです。朝霧の中、保護フイルムを貼った汽車のドアガラス越しに飛ぶ鳥が、ひょっとしてオジロワシかな?と思われたのでとりあえず抑えておきました。デジタルカメラの保護フィルターでさえ神経質になる人には考えられない状態です。レンズの焦点距離は75mmです。

この状況でぱっと撮れて、これだけ写れば、私としてはもう充分。下の写真は別のカットから鳥の部分を拡大したものです。悠然としていて貫禄がありますね。

Img_8760_w

|

« クチナシにまつわる遠い思い出 | トップページ | ラベンダーでタイムトラベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クチナシにまつわる遠い思い出 | トップページ | ラベンダーでタイムトラベル »