« 何か美味しそうな、ホウノキの花の香り | トップページ | 奥ゆかしいオオヤマレンゲの香り »

2006年5月26日 (金)

五月の風はクスノキの花で薫る

Img_6840_w カメラ:Canon5D レンズ:EF24-105F4L

日本を代表する巨木のほとんどがクスノキで、トトロの住処もクスノキでも、クスノキが無い北国で生まれ育った者には、クスノキは不思議な木に見えました。

楠木正成で有名な木。樟脳の原料となっている木。セルロイドを作った木。

そうか、これがあの有名なクスノキかと。ふーむ、自分も南国に住むようになったのだと。なにせ木へんに南と書く木が身近になったのですから。(本当は樟と書くのが正解らしいです)
今は横浜に住んでいるので、「そんな事は、やしの木の下で言え」と言われそうですが、北国で生まれ育った人にとてはクスノキで十分南国気分です。

この木は、学名でもCinnamomum camphoraと香気物質の名前を二つ連ねるくらいで、植物全体に香気成分を持っていて、実際、主幹、えだ、葉から樟脳が採れます。しかし、最も身近に香りを感じるのは5月頃咲く、半透明で黄緑色の小花から発する香りです。

この香りは、樟脳とは違い、鼻孔の奥で魂を優しくくすぐるような爽やかさがあります。風薫る5月とは、いろいろな花の香りが空気に混じり漂う様子なのでしょうが、街全体を広く覆うという意味では、クスノキの花の香りが一番でしょう。個々の花が目立たなく、しかし、大量にあり、乾いた空気に惜しげも無く、爽やかな香りを放出して行くイメージは気持ちの良いものがあります。

Img_7183_w カメラ:Canon5D レンズ:EF24-105mmF4L

もっとも、このイメージとは裏腹に、クスノキの香りを最も強く感じるのは、無風の夜です。この時の印象は、ウエットで、少し青っぽいもので、木の下を歩いていると、花の香りに染まって行きそうな感じにさえなります。

どちらのシーンにしても、香りのシーズンは一年でせいぜい2週間くらいで、この時にはせっせとクスノキ浴に出かけております。

昼と夜の2つのイメージを写真にしてみたのですが、さすがに、クスノキの花を写真に撮るのは難しいですね。

|

« 何か美味しそうな、ホウノキの花の香り | トップページ | 奥ゆかしいオオヤマレンゲの香り »

コメント

クスノキの花の香り、魂を優しくくすぐるような爽やさ。
ほんとにぴったりの表現だと思います。
もうそろそろ風薫る5月も終わりですね。

投稿: レモングラス | 2007年5月30日 (水) 07時24分

レモングラスさん
コメントありがとうございます。
今年2007年の5月は気温が高い日が多く、いろんな花があっという間に
咲き、散ってしまいました。

クスノキも香りを楽しむ間もなく通り過ぎてしまいました。写真も撮っておりません。唯一記憶に残っているのが浜離宮のクスノキかな。

そういえば、レモングラスは育てたことは無いのですが、エッセンシャルオイルを持っております。良い香りですね。

投稿: kk | 2007年5月30日 (水) 21時01分

はじめてコメントさせていただきます。すばらしいblogですね。わからなかった香りがおかげさまで判明しました。クスノキの花、とてもよい香りします。香りのある花好きなのです。文章もとても素敵ですね。

投稿: こんた | 2010年5月24日 (月) 23時22分

こんた さま今晩は

クスノキの花の香り、良いですね。先週のお昼、職場の近くのクスノキの下で、幸福な一時を感じておりました。

投稿: kk | 2010年5月25日 (火) 00時35分

クスノキの花の香りをこよなく愛する一人です
この花の香りのするフレグランス名をご存知の方
教えて頂けませんか?
たまに、すれ違った人から香るこの匂り、よほど聞いてみたかったのですが、勇気がなくて↓
長年もやもやとしています。

投稿: M.I | 2015年6月16日 (火) 09時35分

M.I さま今晩は

クスノキからはカンファーというオイルが採れますが、それではきつすぎると思います。

花の香りに近いとすれば、女性用のフェロモン香水にカンファーがちょっと入ったものがイメージできますが、どうかなぁ。

投稿: kk | 2015年6月18日 (木) 22時04分

kkさんこんにちは

アドバイスありがとうございます(゚ー゚)
素敵な香りに巡り合えましたら、お便りいたしますね。

投稿: M.I | 2015年6月25日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何か美味しそうな、ホウノキの花の香り | トップページ | 奥ゆかしいオオヤマレンゲの香り »