« 恐れ多くも春蘭について | トップページ | ネージュパルファム最後の秋 »

2006年3月 2日 (木)

Distagon 60mm F3.5 For Hasselblad 500系 6X8フォーマット作例

Karuizawa1 Hasselbladの500シリーズ用のレンズシャッターを内蔵しているレンズで、私が持っているのは、SWCを除くと、60mm、80mm、100mm、120mm、135mm、150mmとなります。

この中で最も短い焦点距離のレンズは60mmで、6X8のフォーマットをカバーしたらちょっと面白い画角ではないかと思いました。実際やってみると、さすがに隅っこは滅光が厳しく、画像も乱れるのですが、作例のようにもともと周囲が暗いと目立たなくなります。

作例の写真は、フルティアとかいうフイルムをテストした時のものですが、もともとコントラストが強いフイルムを雨上がりのコントラストの強い状況で撮影しているので、作り物のような風景の写真になっています。

|

« 恐れ多くも春蘭について | トップページ | ネージュパルファム最後の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐れ多くも春蘭について | トップページ | ネージュパルファム最後の秋 »