2017年1月 9日 (月)

迎春、梅の花が咲きました

P1050012


びっくりするほど更新しておりませんでしたが、私は生きております。

本日、窓の外を眺めていたら梅の花が咲いておりました。

迎春、おめでとうございます。

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

男鹿半島の鯛

P1040618_w


このところ、毎週末秋田に帰省しております。母のお見舞いの為なのですが、実家から病院まで自転車で通っております。

こんな生活も昔に返ったようでなかなか良い物でありますよ。心配さえ無くなればね。

ところで、そんなある日、これから夜釣りに出かけるという幼馴染にばったり出会いました。なんでも男鹿半島に出かけるようです。

何を釣りに行くの?と聞いたところ、鯛だよ、釣れればね。とのこと。

頑張って釣って来てよ、と送り出して、病院にお見舞いに行き、その帰り、スーパーで翌日の朝食のパンを買おうとしたところ、偶然鯛を見つけました。

男鹿半島の鯛。今が旬らしいです。刺身は自分は無理でも塩焼きくらいなら出来るかも、と思い買ってかえりました。

あいつもこんな鯛、釣れたら良いな、と思いながら。

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

さよなら?流氷ノロッコ号

Photo


Photo_2


Photo_3


なんでも、今年の冬で流氷ノロッコ号は無くなるのだとか。

過去に見たことも写真を撮ったこともあるので、無くなると言ってもいまさら........あっ乗っていない。ということで乗りに行ってきました。

この列車一日に二回、知床斜里と網走の間を往復するので、乗ることは簡単です。

釧網線自体はC58の牽く混合列車の時から乗ったことはありましたが、久々に機関車に牽かれる客車に乗ったら、良かった。絶対に良かった。こんな感じならもっと前に乗っていればよかった。観光用の改造車であることを気にして、乗っておりませんでしたが、のり心地は完全に客車。いいモンです。

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

羽田空港からのダイヤモンド富士

P1040078_w


P1040077_w


この前、私の職場からのダイヤモンド富士を紹介しましたが、私の職場より西に位置する羽田空港ではもっと後でダイヤモンド富士が見れます。

この写真は2月26日、女満別行きのフライトに乗るために羽田空港のロビーを走っていたとき偶然見つけたものです。

ちょっとモヤっておりましたが、ダイヤモンド富士を見たくてたまらないオヤジは一瞬で、ダイヤモンド富士を感知しました。搭乗口に急いでいるにも係わらずデス。

羽田空港からのダイヤモンド富士は良いですね、今度、もっとしっかり計算して見に行きたいものです。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

次のチャンスは11月

P1040063_w


私は、振り向けば富士山が見える絶好のロケーションで働いているのですが、この職場からダイヤモンド富士が見えるチャンスは年に2回、11月と2月です。

今年は「ダイヤモンド富士計算ソフト」によれば、2月9日17時20分頃でした。当日は晴れて期待が持てたのですが、残念なことに夕方には雲が沸き、ダイヤモンド富士は見ることが出来ませんでした。

表題の写真はその翌日、2月10日のものです。たった1日の違いで夕日は右に寄ってしまいました。もっとも、この写真の1分前には山頂の少し右よりに太陽があったのですが、ダイヤモンド富士の写真って、太陽が富士山に四分の一くらい隠れ、山頂がシルエットで写る感じが一番美しいので、表題の写真のくらいで良いのです。

9日が晴れていれば、この太陽がちゃんと山頂にあったハズなんですけどね。

この次のチャンスは11月、16時半くらいかなぁ。

参考までに、1分前はこんな感じでした。ちょっと右、でしょ。

P1040060_w

| | コメント (0)

«石田屋と仁左衛門