2018年11月 8日 (木)

香道体験

20181108_1


デパートのイベントで香道の体験コースみたいなものがあり、参加してみました。

香道は華道、茶道に比べてもっともなじみのない芸道と思われ、こんな機会が無ければ一生、体験することなど無いと思われました。

これ、面白いですね。まず、何よりも面白いものは級とか段とかヒエラルキーみたいなものが無い。「お遊び」であることに徹している感があります。

その入門お遊びが「源氏香」。5種5包、合計25包の中から、香木を5回焚き、その組み合わせを当てるお遊びです。これが何故源氏香と呼ばれるかというと、その組み合わせが52通りあり、源氏物語の最初と最後の巻を除いて、52通りの組み合わせに源氏物語の巻の名前をそれぞれ、割り振って、その組み合わせを源氏物語の巻の名前で当てるのです。

私はこの体験ツアー中、何で52通りなんだろーとあらぬことを考えてばかりいましたが、計算は以下の通り。

1種類の香を使った場合、1通り。2種類の場合、1回と4回同じ場合は5通り、2回と3回が同じ場合10通り。3種類の香の場合、1回、2回、2回が同じ香りの場合で15通り。1回、1回、3回が同じ香りで10通り。4種類の香だと1回、1回、1回、2回なので10通り、香りが5種類であれば1通り。合計で52通りになる訳です。

この遊びができたのが、江戸時代だそうで、江戸時代の人、偉い。そして優雅。

でも、この5種類の香木って、出来方はみな一緒。南国の沈丁花の仲間の木が害虫とか風害に遭った時、自分を守ろうとして分泌した樹脂が、木ごと水没するか何かして、樹脂が分泌された部分が偶然残ったもの。

この中で、香りの質が特に良いものが伽羅と呼ばれる訳ですが、その差は偶然の産物。どちらかというと、感性の差で科学的根拠の乏しいものと思います。他の4っつの香にしてもそうです。

まして、嗅覚は人間の感覚の中で最も本能的なもの。すべてが、曖昧であることを前提としたお遊びである感じです。

だから、とても面白そう。でも伽羅の原木が小ぶりなものでもナン千万!というのは、引いてしまう世界ですけど。

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

イギリスでレンタカーを借りるということ

P1011469


ハイランドは交通の便が悪いので、レンタカーは必須です。ですが、これがややこしい事になります。まずマニュアルとオートマチック車では料金が倍くらい違う。自分はマニュアルも運転できるので必然的にマニュアル車を予約しておりました。

ところが、現地の受付はオートマにアップグレードしろと、あの手この手で勧誘して来ます。我々のマニュアルは固い、とかどんな保険もギアは入ってない、とか本当かな、と思うことまで言って来ます。こちらは早く車を受け取りたいのに、どうしてもマニュアルを貸すつもりはなさそう。、10分たち。もう良い!オートマにする。さっきのメルセデスで良い、あの車の運転なら慣れているから、安心かも。そうよ、安全第一よ。と、あらかじめ用意されていたかのように、追加の契約書ができ、当初の倍以上の支払いを行い。車もあっという間に用意されました。これが、きっと、毎回繰り返されているのでしょう。

でも、慣れない道でオートマは安心です。昨日はアイラ島でマニュアル車を借りたけど、何度もエンストさせたし。日本ではなじみが無いロータリー交差点でエンストしたら、焦るだろうし。惜しむらくは、最初から安めのオートマを予約しておけば良かった事、時間の無駄でした。

あと、ナビなんてついていないし、グーグルマップのナビの方が日本語で案内してくれて安心です。電波が弱いところでもあらかじめ地図情報をダウンロードしておけば問題なしです。注意するとしたら、「高速道路を使わない」がディフォルトになっているので、有料道路を使わないのオプションに切り替えた方が良い事。でないと、高速道路を横目に見ながら、本当にこんな狭い道に入って良いの?なんて道を案内されますから。

交通的には田舎の国道の制限速度は60マイル、山道で50マイル。山道なんか、絶対こんなとこ時速80Kmなんか出したくない、と思えたケースが多いので、制限速度に不満はないでしょう。ただ、集落が地下ずくと、時速30マイル、学校があると時速20マイルに制限されます。ほとんどの車がそれを守るのはそんなところにはパトカーが潜んでいるからです。ある意味合理的ですよね、田舎道で最高速取り締まるより。

燃料はディーゼルの方が高いけど、レンタカーはディーゼルの方が多い気がします。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

アイラ島で感じる人情みたいな

P1011212
P1011169

P1011163_2


P1011250





グラスゴーに戻り、翌日はアイラ島へ。ウィスキーの聖地でありますね。

当初の計画は、朝のフライトでアイラ島に入りバスに乗ってボウモア蒸留所を訪問、反対側のバスで戻ってポートエレンで貸自転車を借り、ラフロイグ、ラガーリン、アードベッグの蒸留所を訪問、夕方ポートエレンからバスで空港に帰りグラスゴーに戻る、でした。

ウィスキーの蒸留所を回るので、当然テスティングもしたい、その為の一日2便のフライトと数本の路線バスを使い倒した完璧な計画、だったハズ。

そういうものは得てして挫折します。まず飛行機、まともに飛びません。なんだかんだと修理して一時間遅れのフライト。この段階でボウモア蒸留所はダメ。そしてアイラ島についたら強風に雨。空港にずーっといるのもなんだし、バスが来たらポートエレンだけでも行くか。

そんなところに、空港職員の世話焼きおばさんがやってきます。どうしたの、と。これこれしかじかと説明すると。私がレンタカー屋に電話してあげる、携帯かして、と。自分の携帯では通話が入ってないので出来ない。なら、公衆電話からかけてあげるからコインちょうだい。コインの種類がわからないからこの中から選んで、と両手でお椀を作って、コインを全部いれます。これね。あー、何とかさんレンタカーない?ある、じゃあ一台貸して。あー、あんた一台あったから、向こうに見えるあの建物にいってレンタカー借りなさい、バスで蒸留所回るなんて馬鹿げているわよ。

ということで、レンタカーを借りてアイラ島の蒸留所巡りは当初の予定プラスおまけつきでできました。ウィスキーも一杯買ってしまった。ティスティングは?それは、ヒ・ミ・ツということで。

ここの空港職員さん、帰りの便でもお世話になりました。受託荷物は覆われていないとダメなんだよ。こんなにウィスキー買っちゃってどうすんだ。ちょっと待って、あの段ボールが使えるかも。といってパッキングしてくれ、飛行機に積んでくれました。

お前、またアイラに来いよー。イングランドには来なくてもアイラにはまた来るよ、ありがとう。

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

ハリーポッターのSL列車

P1011075


ロンドンからの夜行列車がフォートウィリアムに着くと、マレイグ行きの古めかしい列車が蒸気機関車を先頭に待っております。観光シーズンの月曜から金曜まで走る特別列車です。

グレンフィナン高架橋を走る蒸気機関車が牽引する列車の写真は有名ですが、あれはホグワーツ特急でなければ、この列車の写真です。結構長い編成ですが、すでに満席。人気列車です。おそらく、この列車の乗客は他の全定期列車の合計より多いでしょう。確実に乗るためにはあらかじめ、日本からネットで切符を買っておく必要があると思います。それにしても、往復で全く同じ席ってどういうことよ。それに隣にはわざわざ「おひとり様」と書かれたポストイットが貼られているし。

私の席はマレイグに向かって進行方向右側。残念です。この路線の白眉であるグレンフィナン高架橋は左にカーブした橋です。当然インサイドの車窓が有利。それ以外も左側の車窓のほうが明らかに優れております。この鉄道の指定は番号プラスFかB。奇数とか偶数とかフロントとかバックとか関係なし、完璧に運です。せめて、往復で変えてほしかったなぁ。

グレンフィナン高架橋では、「お立ち台」みたいな場所があって、多数の撮り鉄。でも、日本と違って三脚の乱立みたいなことはありません。グレンフィナン駅ではかなり長く停車するので、車で追っかけも可。でもグレンフィナンはそもそも観光地なので、駐車場を見つけるのは大変でしょうね。

帰りはバック運転でくるので、出回っている写真はすべてマレイグ行のもの、その後も各所で撮り鉄さんがおりました。

この列車でマレイグまで行った人は、現地でお昼をとって折り返しの列車で戻ります。それ以外交通手段無いので。蒸気機関車は後ろ向きにつけられバック運転します。日本ではテンダー車のバック運転なんで現在ではほぼ無理なのですが、結構なスピードで走行します。この列車、現役なんだ、そう感じさせられます。

P1011107_2


(マレイグまでノンストップですが、グレンフィナン駅で反対列車待ち合わせのため長時間停車します。)

| | コメント (0)

個室寝台から見るハイランドの車窓

20181008_152106


ロンドンからハイランドに向かう夜行列車は、インヴァネス、アバディーン、フォートウィリアム行の3列車が連結されたもので、この順番に車両がつながっております。フォートウィリアム行は最先端。ホームを延々と歩きます。

これらの車両は通過扱いのエジンバラ駅で、分割され、後ろの方から機関車が繋がれては、反対方向に発車してゆくのですが、フォートウィリアム行きは最後の発車。さらにここから一番遠くまで走るので、ずいぶん得した気分になれます。

機関車はディーゼルの重連、フォートウィリアム行はここからラウンジカーや座席車も増結され、鉄ヲタ的にはたまりません。もう寝れない。

列車がハイランドにさしかかる頃、朝ご飯の連絡があります。朝食は前夜に、コースの別、時間、食事の場所を選べるのです。

外の雄大な景色を見ながら、伝統的ハイランド風の食事をラウンジカーでいただく。贅沢ですね。自分的には食事がなくても、この景色を車窓から見れるだけで充分ではありますが。

20181008_164947

| | コメント (0)

«ロンドンから夜行列車でハイランドへ