2018年8月13日 (月)

オニオコゼ

P1020168


同窓会のため帰省した秋田の道の駅で地元でとれたオニオコゼが売られておりました。二匹で650円。

これまで食べたこともなかった魚ですが、容姿に一目ぼれして買ってしまいました。

家に帰って調べてみると美味しい魚だとか、背びれを切られていたのは、毒があるからみたいです。P1020169

まずは、お造り。写真にはありませんが、肝臓を溶かした醤油でいただきます。これは、もう、絶品。くせのない上品な味わいで身も締まり、最高の刺身です。

頭と骨は白みそで味噌汁にすると、良いお出しがでて、美味、卵巣も良いですね。P1020170

もう一匹は姿煮。この魚、本来は唐揚げが美味らしいのですが、なかなかのサイズだったので姿煮にしました。P1020173

やはり、美味しい魚は顔が違うな。

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

サントリー ローヤルのお中元

Royal12


私はお中元とかお歳暮なんて縁遠い生活をしているので、もらったことも贈ったこともありません。

家の近くの酒屋に贈り物用のサントリーローヤルを見つけました。

私はお中元やお歳暮に縁がないばかりでなく、こんなお酒にも縁がなかったことを思いだし、それでは自分にお中元を、と、お中元の贈り、贈られ、サントリーローヤル、今までの人生で縁がなかった3っつを同時に解決しました。

私、一般的に手に入るサントリーのウィスキーでは山崎12年が好きなのですが、Royal 12年も結構美味しく感じられました。

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

家族葬とは

いろいろあった義父でありましたが、長く寝たきりになったあげく、他界しました。お金も無いし、最後は地味な家族葬で良い。そんな思いで、町で見かけて覚えていた、葬儀屋に病院から連絡したのは2か月前。やっと落ち着いてきました。

家族葬って安価でシンプルな葬儀っていう訳では無く、葬儀屋の宣伝コピーです。

そして、いったん連絡して遺体を預けてしまえば、人質(遺体質)をとられたも同然、セカンドオピニオンも比較もなく、葬儀屋の言いなりに事は進みます。

結局、結構盛大な葬儀となり、また、やられた感が残りました。

この人はいつもそうだった、家族の犠牲の上に成り立つ外づらの良さ....。

それにしても「家族葬」って言葉、嫌な感じです。

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

俵屋旅館に泊まってお花見

Dsc04716


今年はエルニーニョ、冬は厳しいものの、桜の開花は早いハズ。

そんな読みで、半年前に京都の俵屋旅館をJTBで予約しておりました。ホームページもなく、敷居の高そうな俵屋旅館でありますが、JTBに二部屋開放しているのです。

それでも、桜の時期と紅葉の時期の予約、それも土日は困難でしょう、通年ならちょっと桜には早い今の時期でも、来年ならばどうか、と思って半年前の応当日、朝一番で予約を入れた次第です。

御所の枝垂れ桜はほぼ満開、哲学の道や、醍醐寺の桜は咲き始めでしたが、十分満足できました。

桜だけを見に行くのなら、私は夜行バスのほうが機動力があって良いと思うのですが、俵屋旅館に一度は泊まって見たいとおもっていたので、贅沢な花見になりました。

俵屋旅館は初めてでしたが、最初から感動もの。部屋、庭、調度品、食事、接待すべてが美しい。これだけ、美しく滞在出来る事はちょっと他に類をみません。

泊まって良かったなぁ。と思えます。

私のような者はJTBを通じて予約するしかありませんが、またいつか泊まって見たいものです。JTBで予約できる部屋は竹泉と寿。今回は竹泉だったので、次は寿になればいいなぁ。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

やっと梅が満開

P1050412


今年は寒いようで、梅の開花が遅れている感じです。おかげさまで、いつまでも楽しめて、河津桜と共演までしてくれて、賑やかでよいです。

そういえば、今週は月曜から Happy new year!と挨拶され、春節だったことを思い出しました。旧暦だとまさしく初春なんですね。

Camera:TZ-60

| | コメント (0)

«ダイヤモンド富士 今回も見逃したかも